スバル「レガシィ」に福祉車両

2002.11.28 自動車ニュース

スバル「レガシィ」に福祉車両

富士重工業は、「レガシィ」のセダンとワゴンに福祉車両「レガシィ・トランスケア・ウイングシート」を設定、2002年10月8日より販売を開始した。

「レガシィ・トランスケア・ウイングシート」は、助手席を、リモコンで操作する電動回転式の「ウイングシート」とした仕様。加えて、「電動無段階調整式シートリクライニング機能」、「座面チルト機構」を採用し、適切なシートポジションを設定しやすくした。
折りたたんだ車いすを荷室に収納する際に役立つ「車いす電動積載装置」はオプション(装着の場合は消費税非課税適用車)となる。

ワゴンの「レガシィツーリングワゴン」および「ランカスター」、セダン「B4」のAT車すべて(GT-B Eチューン、B4 RSKを除く)に設定。価格は、ベース車の31.5万円高。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル福祉車両トランスケアシリーズ」:
http://www.subaru.co.jp/transcare/

 
スバル「レガシィ」に福祉車両の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
ホームへ戻る