スバル「レガシィ」に福祉車両

2002.11.28 自動車ニュース

スバル「レガシィ」に福祉車両

富士重工業は、「レガシィ」のセダンとワゴンに福祉車両「レガシィ・トランスケア・ウイングシート」を設定、2002年10月8日より販売を開始した。

「レガシィ・トランスケア・ウイングシート」は、助手席を、リモコンで操作する電動回転式の「ウイングシート」とした仕様。加えて、「電動無段階調整式シートリクライニング機能」、「座面チルト機構」を採用し、適切なシートポジションを設定しやすくした。
折りたたんだ車いすを荷室に収納する際に役立つ「車いす電動積載装置」はオプション(装着の場合は消費税非課税適用車)となる。

ワゴンの「レガシィツーリングワゴン」および「ランカスター」、セダン「B4」のAT車すべて(GT-B Eチューン、B4 RSKを除く)に設定。価格は、ベース車の31.5万円高。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル福祉車両トランスケアシリーズ」:
http://www.subaru.co.jp/transcare/

 
スバル「レガシィ」に福祉車両の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る