スバル「レガシィ」に福祉車両

2002.11.28 自動車ニュース

スバル「レガシィ」に福祉車両

富士重工業は、「レガシィ」のセダンとワゴンに福祉車両「レガシィ・トランスケア・ウイングシート」を設定、2002年10月8日より販売を開始した。

「レガシィ・トランスケア・ウイングシート」は、助手席を、リモコンで操作する電動回転式の「ウイングシート」とした仕様。加えて、「電動無段階調整式シートリクライニング機能」、「座面チルト機構」を採用し、適切なシートポジションを設定しやすくした。
折りたたんだ車いすを荷室に収納する際に役立つ「車いす電動積載装置」はオプション(装着の場合は消費税非課税適用車)となる。

ワゴンの「レガシィツーリングワゴン」および「ランカスター」、セダン「B4」のAT車すべて(GT-B Eチューン、B4 RSKを除く)に設定。価格は、ベース車の31.5万円高。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル福祉車両トランスケアシリーズ」:
http://www.subaru.co.jp/transcare/

 
スバル「レガシィ」に福祉車両の画像

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)... 2017.3.21 試乗記
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記