オペル「アストラ」2003年モデル発売

2002.11.27 自動車ニュース

オペル「アストラ」2003年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」の2003年モデルを、2002年12月7日に発売する。

「アストラ」2003年モデルは、セダン「サルーンCD」(1.8リッター/263.0万円)、ハッチバック「LS」(1.6リッター/219.0万円)、「CD」(1.8リッター/254.0万円)と「Sport」(2.2リッター/282.0万円)、ステーションワゴン「ワゴンLS」(1.6リッター/234.0万円)、「ワゴンCD」(1.8リッター/269.0万円)、そして「ワゴンSport」(2.2リッター/297.0万円)、全7機種をラインナップ。「クーペ」と「カブリオ」をあわせれば、9車種のバリエーションを揃える。

主な変更点は、以下の通り。

・ダークフレームヘッドランプ/テールランプの採用(CD、Sport)
・革張り内装の採用(CDにオプション設定)
・センターコンソールパネル色の変更
・計器類にクロームリング/マットクロームリングを採用 (CD、Sport)
・スポーツステアリングホイールの採用 (Sport)

(webCG 有吉)

オペル「アストラ」:
http://www.opel.co.jp/models/astra/

 
オペル「アストラ」2003年モデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アストラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る