プジョー「206」累計生産台数300万台を突破

2002.11.26 自動車ニュース
 

プジョー「206」累計生産台数300万台を突破

プジョーの主力モデルである「206」シリーズが、2002年11月12日に累計生産300万台を突破した。


写真は 上:「206」XT Limited  下:「206RC」
 

プジョー206は現在フランスのミュールーズ、ポワシー工場の他に世界7ヶ所の工場で生産されている。206には基本モデルである3ドア&5ドアハッチバックを中心に、クーペカブリオレ「cc」、コンパクトワゴン「SW」と、多彩なモデルバリエーションがある。まもなく、2002年のパリ・モーターショーで発表されたスポーツモデル「RC」が追加される予定だ。
記念すべき300万台目の206は仏ミュールーズ工場でラインオフしたドイツ向けの1.4リットル、3ドアハッチバックでボディカラーはアルミナム・グレーだった。

(webCG 武政)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 第2回:プジョー208アリュール シエロパッケージ 2016.4.20 特集 フランス車ならではのしゃれた雰囲気と、取り回しのしやすいコンパクトなボディー、そして快活で気持ちのよい走りが身上の「プジョー208」。新しいパワートレインを得て、その走りはどう変わったか? 3人の論客が208の魅力を語り尽くす。
  • プジョー208アリュール シエロパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.12.3 試乗記 大がかりなマイナーチェンジを受けた「プジョー208」に試乗。1.2リッター直3エンジンにターボが付いた「アリュール」は、町なかを流しても、山道を飛ばしても楽しいプレミアムコンパクトに仕上がっていた。
ホームへ戻る