プジョー「206」累計生産台数300万台を突破

2002.11.26 自動車ニュース
 

プジョー「206」累計生産台数300万台を突破

プジョーの主力モデルである「206」シリーズが、2002年11月12日に累計生産300万台を突破した。


写真は 上:「206」XT Limited  下:「206RC」
 

プジョー206は現在フランスのミュールーズ、ポワシー工場の他に世界7ヶ所の工場で生産されている。206には基本モデルである3ドア&5ドアハッチバックを中心に、クーペカブリオレ「cc」、コンパクトワゴン「SW」と、多彩なモデルバリエーションがある。まもなく、2002年のパリ・モーターショーで発表されたスポーツモデル「RC」が追加される予定だ。
記念すべき300万台目の206は仏ミュールーズ工場でラインオフしたドイツ向けの1.4リットル、3ドアハッチバックでボディカラーはアルミナム・グレーだった。

(webCG 武政)

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
ホームへ戻る