プジョー「206」累計生産台数300万台を突破

2002.11.26 自動車ニュース
 

プジョー「206」累計生産台数300万台を突破

プジョーの主力モデルである「206」シリーズが、2002年11月12日に累計生産300万台を突破した。


写真は 上:「206」XT Limited  下:「206RC」
 

プジョー206は現在フランスのミュールーズ、ポワシー工場の他に世界7ヶ所の工場で生産されている。206には基本モデルである3ドア&5ドアハッチバックを中心に、クーペカブリオレ「cc」、コンパクトワゴン「SW」と、多彩なモデルバリエーションがある。まもなく、2002年のパリ・モーターショーで発表されたスポーツモデル「RC」が追加される予定だ。
記念すべき300万台目の206は仏ミュールーズ工場でラインオフしたドイツ向けの1.4リットル、3ドアハッチバックでボディカラーはアルミナム・グレーだった。

(webCG 武政)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る