メルセデスベンツ「Gクラス」一部改良

2002.11.25 自動車ニュース

メルセデスベンツ「Gクラス」一部改良

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」に一部改良を施し、2002年11月21日から販売を開始した。

ドアミラーにウインカーランプが装着されたほか、足元照明、本革巻きパーキングブレーキレバーが追加された。またAピラーやルーフライナー内張りの材質が変更され(「G320」は除く)、ステアリングホイール形状が新しくなった。

価格は据え置かれた。3.2リッターV6搭載の3ドアモデル「G320」が830.0万円、その5ドア版「G320L」は920.0万円。5リッターV8搭載の5ドア「G500L」が1080.0万円、5.4リッターV8のハイパフォーマンスバージョン「G55L AMG」も5ドアで、1410.0万円。

問い合わせは「メルセデスコール」(0120-190-610)まで。

(webCGオオサワ)

「メルセデスベンツ」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツ「Gクラス」一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(前編) 2017.4.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗する。最もぜいたくでパワフルなレンジローバーを、谷口はどう表現するのだろうか。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)【試乗記】 2012.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツG63 AMG(4WD/7AT)
    ……1780万円

    そろそろ引退か? と思われながらリニューアルを繰り返してきたメルセデスの「Gクラス」。いかつい顔つきになった「G63 AMG」では、いよいよ544psのパワーを得るに至った。その底力は?
ホームへ戻る