メルセデスベンツ「Gクラス」一部改良

2002.11.25 自動車ニュース

メルセデスベンツ「Gクラス」一部改良

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」に一部改良を施し、2002年11月21日から販売を開始した。

ドアミラーにウインカーランプが装着されたほか、足元照明、本革巻きパーキングブレーキレバーが追加された。またAピラーやルーフライナー内張りの材質が変更され(「G320」は除く)、ステアリングホイール形状が新しくなった。

価格は据え置かれた。3.2リッターV6搭載の3ドアモデル「G320」が830.0万円、その5ドア版「G320L」は920.0万円。5リッターV8搭載の5ドア「G500L」が1080.0万円、5.4リッターV8のハイパフォーマンスバージョン「G55L AMG」も5ドアで、1410.0万円。

問い合わせは「メルセデスコール」(0120-190-610)まで。

(webCGオオサワ)

「メルセデスベンツ」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツ「Gクラス」一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る