【スペック】エリオX:全長×全幅×全高=4230×1690×1550mm/ホイールベース=2480mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=149.6万円

スズキ・エリオ【試乗記】

したたかな一台 2002.11.23 試乗記 スズキ・エリオ「ワゴンRのスズキ」が放つ、白いナンバーのコンパクトマルチワゴン「エリオ」。ヨーロピアンデザインの世界戦略車に、自動車ライター下野康史が乗った。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

したたかな一台

「ワゴンRのスズキ」が放つ、白いナンバーのコンパクトマルチワゴン。本格的な対欧戦略車だけあって、完成度は高く、しかも、「エッ、これがスズキ!」というくらいにヨーロピアン。目隠しして運転していたら(できない)、絶対にスズキ車とは言い当てられない。
新開発の1.5リッター4気筒DOHCはフツーだが、ストローク感のあるサスペンションがとてもよい。テールゲートの塗り分けを除くと、スタイリングにも奇をてらったところがないため、ボディ四隅の見切りもすぐれる。
内装は、シートがいい。とくに見晴らしのいいリアシートの居心地はこの種のクルマとしても秀逸。快適性ではワゴンRからステップアップする価値、十二分にあり。難点は、ダッシュボードのデザインがちょっと野暮ったいこと。ワンボディの純正オーディオなんか、「デザインし忘れ」かと思う。しかし、GMを手玉に取るスズキならではのしたたかな1台。子供を私立に入れたワゴンRオーナー向き。

(下野康史/2001年3月)

エリオは、2001年1月23日に発表された5ドアハッチ。スズキの欧州戦略車である。欧州名はリアーナ(LIANA)。国内では、1.5リッターモデルのみだが、輸出モデルは、1.3と1.6リッターの2種類が用意される。

エリオは、2001年1月23日に発表された5ドアハッチ。スズキの欧州戦略車である。欧州名はリアーナ(LIANA)。国内では、1.5リッターモデルのみだが、輸出モデルは、1.3と1.6リッターの2種類が用意される。


スズキ・エリオ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
ホームへ戻る