オペル「アストラ・カブリオ」2003年モデル導入

2002.11.22 自動車ニュース
 

オペル「アストラ・カブリオ」2003年モデル導入

日本ゼネラルモーターズは、オペルの4シーター2ドアオープン「アストラ・カブリオ」の2003年モデルを、2002年12月7日から販売する。右ハンドル、4段AT仕様のみの設定で、価格は344.0万円。



 

アストラ・カブリオは「アストラクーペ」をベースに、クーペ同様、独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が共同開発したクルマ。日本市場では、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、147ps、20.7kgmを発生する2.2リッター直4「エコテック」エンジンと4段ATを組み合わせた右ハンドル車が導入される。2003年モデルは、平成12年度基準排出ガス25%低減レベルの「良ー低排出ガス車」に認定された。

2002年モデルからの変更点は、カタログモデルに内装色にベージュ、ソフトトップ色にレッドを1色追加、計3色になった。さらに、2002年12月25日までの期間限定で、「カラーオーダーキャンペーン」を実施することがニュースである。
これは、オペル「スピードスター」と同様のBTO(受注生産)方式で、本来ドイツ本国でのみ選択可能な66通りの内外装色の組み合わせが日本で選べるというものだ。BTO方式のみ、ソフトトップをグリーンにすることができる。

価格は、2002年モデルより5.0万円高い、344.0万円に設定された。

(webCG 永瀧)

オペル「アストラ・カブリオ」:
http://www.opel.co.jp/models/cabrio/index.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • 第51回:幸運の女神には前髪しかない 2017.7.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第51回は「幸運の女神には前髪しかない」。ディーラーのデモカーの入れ替え期、それはカーマニアにとって「狩り」の好機となる。“牛丼車”「ランチア・デルタ」の後継マシンは? ディーゼルへの想いが再燃する!
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る