いすゞ「ジャーニー」を一部改良

2002.11.22 自動車ニュース

いすゞ「ジャーニー」を一部改良

いすゞ自動車は、日産自動車からOEM供給を受けているマイクロバス「ジャーニー」(日産名:シビリアン)を一部改良し、2002年10月23日より販売を開始した。

今回の改良は、2002年10月15日に発表された日産「シビリアン」の一部改良に準じた内容である。航続距離を延長するため、燃料タンクを107リッター(従来比+20リッター)としたほか、リアワイパー&フロントフォグランプスイッチ照明の採用により、夜間の視認性を向上させた。加えて、サスペンションの改良やAT車に運転席フットレストを装着するなど、快適性の向上が図られた。

その他、ボディーカラーにホワイト&オレンジのツートンカラーを追加。メーカーオプションとして、MD/CD一体型AM/FMチューナーラジオ、CDオートチェンジャー、15インチ液晶テレビ&VTRが設定されたことも新しい。

価格は、26人乗り「デラックス」標準タイプが396.5万円、ロングタイプが434.5万円。19人乗り「スーパーカスタム」が699.5万円となる。

(webCG 永瀧)

いすゞ自動車ホームページ:
http://www.isuzu.co.jp/

いすゞ「ジャーニー」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。