BMW Z4にBSのランフラットタイヤ採用

2002.11.22 自動車ニュース

BMW Z4にBSのランフラットタイヤ採用

ブリヂストンは、北米で販売されるBMW「Z4」に、同社のランフラットタイヤ「POTENZA RE050 RFT」が標準タイヤとして採用されたと発表した。

「ランフラットタイヤ」とは、パンクしても所定のスピードで一定距離を安全に走行できるもの。それにより、スペアタイヤをなくすことが可能となり、車両の軽量化、省資源化をはかることができる。

今回、2002年10月にパリサロンで発表されたBMWの新しいロードスター「Z4」に採用された「POTENZA RE050 RFT」は、パンクしてもタイヤ自体が車両を支えられるよう、タイヤのサイドウオールを強化した「サイド強化型ランフラットタイヤ」 。専用ホイールを使うタイプと異なり、ホイールを自由に選べる点が特長だ。

なお、ブリヂストン製ランフラットタイヤの採用は今回の「Z4」で9車種目、BMWでは「Z8」に続き、2車種目となる。

(webCG 永瀧)

 
BMW Z4にBSのランフラットタイヤ採用の画像

関連キーワード:
Z4BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)【試乗記】 2009.7.30 試乗記 BMW Z4 sDrive23i(FR/6AT)
    ……579万2000円

    「ロードスター」と「クーペ」をひとつにまとめ、リトラクタブルハードトップを採用した新型「Z4」。旧型との違いはいかなるものか? 2.5リッターモデルでその走りを試した。
  • BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)【試乗記】 2012.2.20 試乗記 BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition(FR/8AT)
    ……647万8000円

    2.5リッター直6搭載の「sDrive23i」に置き換わる形で登場した「sDrive20i」。新しい2リッター直4ターボは、「Z4」にどんな個性を与えたのか。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
ホームへ戻る