BMW Z4にBSのランフラットタイヤ採用

2002.11.22 自動車ニュース

BMW Z4にBSのランフラットタイヤ採用

ブリヂストンは、北米で販売されるBMW「Z4」に、同社のランフラットタイヤ「POTENZA RE050 RFT」が標準タイヤとして採用されたと発表した。

「ランフラットタイヤ」とは、パンクしても所定のスピードで一定距離を安全に走行できるもの。それにより、スペアタイヤをなくすことが可能となり、車両の軽量化、省資源化をはかることができる。

今回、2002年10月にパリサロンで発表されたBMWの新しいロードスター「Z4」に採用された「POTENZA RE050 RFT」は、パンクしてもタイヤ自体が車両を支えられるよう、タイヤのサイドウオールを強化した「サイド強化型ランフラットタイヤ」 。専用ホイールを使うタイプと異なり、ホイールを自由に選べる点が特長だ。

なお、ブリヂストン製ランフラットタイヤの採用は今回の「Z4」で9車種目、BMWでは「Z8」に続き、2車種目となる。

(webCG 永瀧)

 
BMW Z4にBSのランフラットタイヤ採用の画像

関連キーワード:
Z4BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 【東京モーターショー2017】BMW、5車種をアジア初公開 2017.10.26 自動車ニュース 東京モーターショー2017でのBMWの主役は5車種のアジア初公開モデルだ。ブースでは“ストーリー・オブ・ラグジュアリー”というコンセプトを掲げ、同ブランドのラグジュアリーな側面を前面に押し出した。
  • 【東京モーターショー2017】アルピナは2台のニューモデルを日本初公開 2017.10.25 自動車ニュース BMWアルピナは2017年10月25日、第45回東京モーターショーにおいて、「B5ビターボ ツーリング」および「D5 S」を日本初公開した。前者は0-100km/h加速3.7秒、最高速322km/h、後者は同4.9秒と同275km/hと公表される高性能モデルである。
  • 【東京モーターショー2017】BMWは「コンセプトZ4」など5車種をアジア初公開 2017.10.5 自動車ニュース
  • BMW コンセプト4シリーズクーペ 2012.12.6 画像・写真