スズキ「グランドエスクード」「エスクード」一部改良

2002.11.20 自動車ニュース

スズキ「グランドエスクード」「エスクード」一部改良

スズキは、SUV「グランドエスクード」「エスクード」を一部改良し、2002年11月18日から販売を開始した。今回の一部改良では、内装の質感と収納スペースの向上がはかられた。

インテリアは、インストルメントパネルを新デザインとし、シフトノブ、トランスファーノブ、サイドブレーキバーの形状を変更。それぞれに、グランドエスクードは木目調塗装、エスクードはシルバー塗装を施し質感を高めた。また、盤面自発光式のメーターパネルが採用され、ステアリングホイールには、3本スポークタイプになった。
内装色は、ベージュ系(ボディ色ベージュ又は白)とグレー系(ボディ色シルバー又は紺)の2色を設定。シート形状も変更され、長距離ドライブの疲れを低減と謳われる。

新しい収納スペースとして、キー付グローブボックスやコインケースに加え、小物を収納できるフタ付インパネボックス、フタ付前席用カップホルダーが採用され、運転席まわりの収納が追加された。また、後席用カップホルダーと取り外しができるカップタイプの灰皿を内蔵した、スライド式アームレスト体型センターコンソールボックスも備わる。さらに、グランドエスクードには、さらに、オーバーヘッドボックスが採用される。

価格は据え置きで、エスクード5ドア2.0(5MT/4AT)は173.3/185.8万円、V6-2.5が202.8万円。グランドエスクードは229.8万円となる。

(webCGわたなべ)

 
スズキ「グランドエスクード」「エスクード」一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.5.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。
ホームへ戻る