スズキ「グランドエスクード」「エスクード」一部改良

2002.11.20 自動車ニュース

スズキ「グランドエスクード」「エスクード」一部改良

スズキは、SUV「グランドエスクード」「エスクード」を一部改良し、2002年11月18日から販売を開始した。今回の一部改良では、内装の質感と収納スペースの向上がはかられた。

インテリアは、インストルメントパネルを新デザインとし、シフトノブ、トランスファーノブ、サイドブレーキバーの形状を変更。それぞれに、グランドエスクードは木目調塗装、エスクードはシルバー塗装を施し質感を高めた。また、盤面自発光式のメーターパネルが採用され、ステアリングホイールには、3本スポークタイプになった。
内装色は、ベージュ系(ボディ色ベージュ又は白)とグレー系(ボディ色シルバー又は紺)の2色を設定。シート形状も変更され、長距離ドライブの疲れを低減と謳われる。

新しい収納スペースとして、キー付グローブボックスやコインケースに加え、小物を収納できるフタ付インパネボックス、フタ付前席用カップホルダーが採用され、運転席まわりの収納が追加された。また、後席用カップホルダーと取り外しができるカップタイプの灰皿を内蔵した、スライド式アームレスト体型センターコンソールボックスも備わる。さらに、グランドエスクードには、さらに、オーバーヘッドボックスが採用される。

価格は据え置きで、エスクード5ドア2.0(5MT/4AT)は173.3/185.8万円、V6-2.5が202.8万円。グランドエスクードは229.8万円となる。

(webCGわたなべ)

 
スズキ「グランドエスクード」「エスクード」一部改良の画像

関連キーワード:
エスクードグランドエスクードスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る