スズキ特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップリミテッド」を発売

2002.11.20 自動車ニュース
 

スズキ特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップリミテッド」を発売

スズキは、「kei」「ジムニー」「グランドエスクード」「エスクード」に、国際スキー連盟「FIS」と提携してつくられた特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップリミテッド」を設定。2002年11月18日に販売を開始した。


写真上:Kei FISフリースタイルワールドカップ リミテッド
写真下:ジムニ― FISフリースタイルワールドカップ リミテッド
 

スズキは冠スポンサーとして、「FISフリースタイルワールドカップ 2002/2003」をサポートする。今回の特別仕様車は、この大会が持つ“自由で躍動的”なイメージに合わせ、内外装がスポーティに演出された。
エクステリアに、専用フロントグリルやフォグランプなどを装着。インテリアは専用色の青を基調とし、本革巻ステアリングホイールや撥水加工が施されたシート表皮を採用。全車にシートヒーターと電動格納式ヒーテッドドアミラーを装着し、寒冷地での利便性も考慮された。


グランドエスクード FISフリースタイルワールドカップ リミテッド
 

加えて、Keiとジムニーには2DINサイズのMD/CDステレオ、ジムニー以外の全車に、送信機を身につけてクルマに近付くと開錠し、離れると施錠する「スマートキーレスエントリー」など、装備品が奢られた豪華仕様となっている。安全装備として運転席、助手席SRSエアバック、4輪ABSは標準装備される。

価格は、以下の通り。

「Kei FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」(2WD/4WD)=117.8万円/131.5万円
「ジムニ― FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」(5MT/4AT)=140.0万円/149.8万円
「エスクード 5ドア 2.0 FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」=203.8万円
「グランドエスクード FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」=247.8万円

(webCGわたなべ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【ブリーフテスト】 2002.1.17 試乗記 総合評価……★★★
    ……148.5万円




  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る