メルセデスベンツ「Sクラス」をマイナーチェンジ

2002.11.19 自動車ニュース

メルセデスベンツ「Sクラス」をマイナーチェンジ

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの最高級セダン「Sクラス」をマイナーチェンジし、2002年11月18日より販売を開始した。価格は、840.0万円から1710.0万円まで。

今回の最大の特徴は、衝突時に危険を回避する安全装置「プレセーフ」の採用と、Sクラス初の4WDモデル「S430 4MATIC」の追加設定だ。

パッシブ、アクティブ両面からアプローチしたという「プレセーフ」とは、事故など衝突直前の車両状態を自動的に判断し、衝突までの一瞬により安全な乗員保護態勢を整える機能、と説明される。具体的には、急操舵や急ブレーキ操作をした際、前席の電動シートベルトテンショナーがシートベルトを巻き上げるとともに、助手席シートをより安全なポジションに近づけ、車両の横滑りが発生した場合には、開いていたガラス・スライディングルーフを自動的に閉じ万一の横転に備える、というものだ。

「S430 4MATIC」は、4.3リッターV8エンジンに、フルタイム4WDを組み合わせたモデル。路面状況に応じた最適なトラクションに加えて、滑りやすい路面での走行時や危険回避時に、4輪それぞれのブレーキやエンジン出力を制御し走行安定性、操縦安定性を確保する、と謳われる。

その他、装備充実や内外装のデザイン変更、一部モデルのエンジン変更が行われた。主な点は以下の通り。

●エンジン
・V6エンジンの排気量を変更(3.2リッターを3.7リッターに)
・V12エンジンにツインターボチャージャーを装着、排気量を変更(5.8リッターから5.5リッターに)
・AMG 5.5リッターV8エンジンにインタークーラー付きスーパーチャージャーを装着

●内外装
・前後バンパー、フロントグリル、ボンネット、リアコンビネーションランプのデザイン変更
・バイキノセンヘッドランプ、ヘッドランプウオッシャーを全車標準装備
・ドアパネル、アームレスト、ウッドパネルのデザイン変更
・前席シート形状変更

●装備
・「プレセーフ」装備
・マルチファンクションコントローラー(DVDナビゲーション、オーディオ、TVなどの機能を液晶画面に統合)を採用
・盗難防止警報システムを全車標準装備

●AMG専用装備
・AMG強化ブレーキシステム、AMGチューンのアクティブボディコントロールを採用
・AMGスポーツシフトの採用
・フロントスポイラー、リアスカートのデザイン変更
・デュアルツインクロームエグゾーストエンドを装備
・AMGスポーツシート、ドライビングダイナミックシートを装備
・AMGステアリングシフト付き本革巻スポーツステアリングを装備

(webCG 永瀧)

メルセデスベンツ「Sクラス」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/showroom/passenger/s_class/index.html

 
メルセデスベンツ「Sクラス」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
Sクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
ホームへ戻る