メルセデスベンツ「CLクラス」をマイナーチェンジ

2002.11.19 自動車ニュース

メルセデスベンツ「CLクラス」をマイナーチェンジ

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの最高級クーペ「CLクラス」をマイナーチェンジし、2002年11月18日より販売を開始した。

装備充実や内外装のデザイン変更、一部モデルのエンジン変更が主な内容となる。

●エンジン
・V12エンジンにツインターボチャージャーを装着、排気量を変更(5.8リッターから5.5リッターに)
・AMG 5.5リッターV8エンジンにインタークーラー付きスーパーチャージャーを装着

●内外装
・前後バンパー、リアコンビネーションランプのデザイン変更
・バイキノセンヘッドランプにクリアレンズを採用
・アルミホイールデザイン変更

●装備
・マルチファンクションコントローラー(DVDナビゲーション、オーディオ、テレビなどの機能を液晶画面に統合)を採用
・盗難防止警報システムを全車標準装備
・タイヤサイズ変更およびブレーキ強化(CL600)

●AMG専用装備
・AMG強化ブレーキシステム、AMGチューンのアクティブボディコントロールを採用
・AMGスポーツシフトの採用
・フロントスポイラー、リアスカートのデザイン変更
・デュアルツインクロームエグゾーストエンドを装備
・AMGスポーツシートを装備
・AMGステアリングシフト付き本革巻スポーツステアリングを装備

価格は1230.0万円から1760.0万円まで。

(webCG 永瀧)

メルセデスベンツ「CLクラス」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/showroom/passenger/cl/index.html

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
ホームへ戻る