スズキ「ワゴンRソリオ」に新グレード

2002.11.14 自動車ニュース

スズキ「ワゴンRソリオ」に新グレード

スズキは、コンパクトなハイトワゴン「ワゴンRソリオ」に、新グレード「1.3E」と「1.3WELL S」を追加設定し、2002年11月12日から販売を開始した。

今回追加されたのは、1.3リッターモデルのベーシックグレード「1.3E」と、エアロパーツを装着してスポーティーな演出が施された「1.3WELL S」。従来までラインナップされた1リッターモデルが、今回カタログから落とされたことにより、軽「ワゴンR」の乗用車版「ソリオ」は、1.3リッターモデルがトリムレベルで4車種となった。

各モデルの詳細は、以下の通り。

●「1.3E」
1リッターモデル廃止に伴って設定されたエントリーグレード。1.3リッター直4エンジンに、コラム式4段ATが組み合わされる。
装備品として、エアコン、フォグランプ、パワーウィンドウ、フルホイールキャップ、セミバケット型フロントベンチシート(センターアームレスト付き)などを標準装備。安全装備は、前席SRSエアバッグ、ブレーキアシスト付き4輪ABS、フロントシートベルトプリテンショナーが備わる。
価格は、2WD+4段AT仕様が今までの最廉価モデル「1.0E」と同じ99.0万円。4WD+4段AT仕様は従来より2.0万円安い109.7万円、お買い得感を出した。

●「1.3 WELL S」
「1.3 WELL」のエクステリアを、スポーティに飾ったモデルが「1.3WELL S」。エクステリアに、フロント、サイド、リアアンダースポイラーを装着。加えて、マフラーカッター、フォグランプ、アルミホイール、ルーフアンテナを装備する。
インテリアは、トップグレード「1.3 SWT」と同じ、シルバー塗装を施したインパネセンターガーニッシュや、黒とシルバーの2トーンを用いた専用シート表皮を採用。さらに、2DINサイズのMD/CDステレオを標準装備する。
価格は、119.0万円(2WD+4段AT)と129.7万円(4WD+4段AT)。

(webCG 永瀧)

スズキ「ワゴンRソリオ」:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/solio/index.html

 
スズキ「ワゴンRソリオ」に新グレードの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る