スズキ「Kei」を一部改良

2002.11.14 自動車ニュース
 

スズキ「Kei」を一部改良

スズキは、軽乗用車「Kei」を一部改良し、2002年11月12日より販売を開始した。眼目は、全車のインテリアデザイン変更と新グレードの設定。


【写真上】「Kei Eタイプ」
【写真下】「Keiワークス」
 

今回の一部改良では、全車のステアリングホイール、メーターパネル、シート表皮のデザインを変更。加えて、最廉価グレード「Eタイプ」の価格を13.1万円引き下げたとともに、「Aパッケージ」と「Bパッケージ」という、2種類のパッケージオプションを設定、ユーザーニーズにあわせた仕様を選べるようになった。4輪ディクスブレーキやLSDを装着するスポーティバージョン「Keiワークス」が設定されたことも新しい。

「Eタイプ」では、装備を簡素化することで、13.1万円もプライスダウン。2WD+5段MTで71.7万円という価格とした最廉価版だ。前席SRSエアバッグ、エアコン、パワステなどを標準装備する一方、ユーザーのニーズに応えるべく、追加装備を2種類のパッケージオプションとして用意。「Aパッケージ」がパワーウィンドウや集中ドアロック、スモークガラスなどのセット、「Bパッケージ」はAパッケージに加えて、キーレスエントリーシステム、電動格納式リモコンドアミラーなどが追加される内容だ。
「Eタイプ」の価格は、5段MTが71.7万円、4段ATは79.2万円。「Aパッケージ」はプラス6.0万円、「Bパッケージ」は10.0万円高となる。

「Keiワークス」は、従来の「スポーツ」に替わって設定された、0.66リッター直3 DOHC12バルブターボ・インタークーラー付きを搭載するスポーティグレード。トランスミッションは5段MTと4段AT、駆動方式は2WDと4WDが用意される。
エクステリアを、専用フロントグリル&バンパー、大型フォグランプ、大型ルーフエンドスポイラーなどでお化粧。インテリアには、前席にレカロ社と共同開発した専用バケットシートを奢った。さらに、4輪ディスクブレーキやLSD(2WD+5段MTのみ)を装備し、走行性能を高めたという。
価格は、2WDの5段MT仕様が124.2万円、同4段AT仕様は129.7万円。4WDは、5段MT仕様が133.9万円、4段AT仕様は141.4万円となる。

(webCG 永瀧)

スズキ「Kei」:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/kei/index.htm

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(前編) 2017.8.10 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「アウディS5クーペ」に試乗する。354psの3リッターV6ターボエンジンを積み、クワトロ4WDで路面をとらえる“完全無欠のアウディスポーツ”を、谷口はどう評価する?
ホームへ戻る