【Movie】三菱「コルト」、こだわりのフロントマスク

2002.11.13 自動車ニュース
 
【Movie】三菱「コルト」、こだわりのフロントマスク

【Movie】三菱「コルト」、こだわりのフロントマスク

2002年11月11日に発表された、三菱の新型コンパクトカー「コルト」。そのデザインは、ボディ前端からAピラー、ルーフまでラインが続く「ワンモーションフォルム」が特徴。それに加え、かつてダイムラークライスラーで「メルセデスベンツ」や「マイバッハ」をデザインし、今は三菱自動車の乗用車デザイン本部長を務める、オリビエ・ブーレイ氏の提唱により、新しい三菱車のフロントマスクが与えられたこともコルト目玉の1つである。


三菱自動車工業、乗用車デザイン本部長のオリビエ・ブーレイ氏。以前はダイムラークライスラーで、メルセデスベンツ「Sクラス」や「Cクラス」、最近では超高級車「マイバッハ」のデザインを担当した。
 
【Movie】三菱「コルト」、こだわりのフロントマスク

発表会場でオリビエ・ブーレイ氏に、コルトの新しい“顔”について聞いた。ブーレイ氏がコルトに関わったのは、エクステリアデザインがほぼ完成した段階からだが、フロントマスクの変更には、こだわりがあったそうである。三菱の新しいフロントマスクを、どんな方向性でつくったのか?


コルトのインテリアについて、ブーレイ氏は「シンプルでありながら完成されたデザインに、日本的センスを感じる」と語る。写真はクール内装のインパネ。
 
【Movie】三菱「コルト」、こだわりのフロントマスク

【三菱の新しい顔】

(撮影/編集=カネヨシ)


これが三菱の新しい顔。
 
【Movie】三菱「コルト」、こだわりのフロントマスク
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • 2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】 2006.7.25 試乗記 コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART(FF/5MT)/アウトランダー tuned by RALLIART(4WD/CVT)

    自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。RALLIARTは、ホットハッチ「コルトラリーアート Version-R」と、SUV「アウトランダー」の2台をチューニングして、会場に持ち込んだ。


  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る