ホンダ「アコード」「アコードワゴン」に特別仕様車

2002.11.12 自動車ニュース
 

ホンダ「アコード」「アコードワゴン」に特別仕様車

本田技研工業は、「アコード」「アコードワゴン」に特別仕様車「ビエラ」を設定、2002年11月28日より販売を開始する。


【写真上】「アコード・ビエラ」
【写真下】「アコードワゴン・ビエラ」
 

「ビエラ(VIERA)」とは、Vie(仏語で活気、生き方)とEra(英語で時代)をかけあわせた造語で、「時代を駆ける」「時代を生きる」という意味が込められる。女性雑誌編集者や女性スタイリストの意見を取り入れ、専用のボディ色と内装を採用。より強い個性と特別感を出したという。
価格は、セダンが265.0万円、ワゴンは288.0万円。2002年11月11日から12月22日までの期間限定で、台数も200台ずつの限定販売。

詳しい内容は以下の通り。

●アコード・ビエラ(ベースは、2.4リッターモデル「24TL」)
・専用ボディ色「プレジールグリーン」
・専用色レザーインテリア「クリームホワイト」(シートヒーター付き前席、ドアライニングパッド、アームレスト)
・専用色内装パーツ「ブラックメタリック」(ステアリングスイッチパネル、ATシフトレバー、ドアスイッチパネル、センターコンソール、ドアグリップ)
・オーディオ「プレミアムサウンドシステム」(インダッシュ6連奏CDチェンジャー+AM/FMチューナー+8スピーカー)

●アコードワゴン・ビエラ(ベースは、2.4リッター「24T」のFFモデル)
・専用ボディ色「プレジールアイボリー」
・専用色レザーインテリア「タン」(シートヒーター付き前席、ドアライニングパッド、アームレスト)
・専用色内装パーツ「ブラックメタリック」(ステアリングスイッチパネル、ATシフトレバー、ドアグリップ)
・「エクスクルーシブパッケージ」(プレミアムサウンドシステム<インダッシュ6連奏CDチェンジャー+AM/FMチューナー+8スピーカー>、ホンダ・スマートカードキーシステム、クルーズコントロール、運転席8ウェイパワーシート、木目調コンソールパネル/パワーウインドウスイッチパネル、AC 100V電源、オートライトコントロール、プライバシーガラス、雨滴検知ワイパー)

(webCG 永瀧)

本田技研工業「アコード」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/
同「アコードワゴン」:
http://www.honda.co.jp/ACCORDwagon/
同「アコード・ビエラ」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/VIERA/
同「アコードワゴン・ビエラ」:
http://www.honda.co.jp/ACCORDwagon/VIERA/

関連キーワード:
アコードアコードワゴンホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
ホームへ戻る