「コーベット」「トレイルブレイザー」、2003年モデル発売

2002.11.08 自動車ニュース
 

「コーベット」「トレイルブレイザー」、2003年モデル発売

日本ゼネラルモーターズ(GM)は、シボレーのスポーツカー「コーベット」とSUV「トレイルブレイザー」の2003年モデルを、2002年11月9日に発売する。


【写真上】シボレー「コーベット50周年記念モデル」
【写真下】シボレー「トレイルブレイザー」
 

■「スポーツカーのアメリカ代表」は50歳

1953年に初代がデビューしたスポーツカー「コーベット」。50年目の節目に当たる2003年のモデルラインナップは、クーペのノーマル仕様(657.8万円)とハイパフォーマンスモデル「Z51」(729.0万円)、そして「50周年記念モデル」(686.8万円)、オープンの「コンバーチブル」(769.0万円)と「コンバーチブル50周年記念モデル」(798.0万円)、計5車種となる。クーペのノーマル版以外は受注生産、また50周年記念モデルは導入台数が限定される。全車、左ハンドル。

Z51をのぞく全モデルに、磁力でダンパーの減衰力を可変させる「マグネティック・セレクティブ・ライドコントロール」を標準装備。また50周年を記念して「50周年記念エンブレム」と「50周年記念ロゴ入りイグニッションキー・メーターパネル」が全車に奢られる。

■V8エンジン加わる

日本GMいわく、「(2002年1月から9月までの間)日本市場において輸入SUV販売台数1位」の「トレイルブレイザー」。従来からの4.2リッター直6搭載「LT」(369.0万円)、「LTZ」(421.4万円)に、7人乗りの新グレード「EXT LT」が加わった。
「EXT LT」は、ホイールベースと全長を410mm拡大したボディに、4.2リッター直6、あるいは、オールアルミ製5.3リッターV8エンジンを載せる(V8エンジン車は2003年春より販売開始予定)。直6モデルは391.6万円、V8モデルは452.0万円。

そのほか、「LT」にサイドエアバッグ、「LTZ」にサンルーフが標準装備されたのも新しい。

(webCG 永瀧)

「シボレー」:
http://www.chevrolet.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る