日産「ウイングロード」一部改良

2002.11.06 自動車ニュース

日産「ウイングロード」一部改良

日産自動車は、ワゴン「ウイングロード」の一部を改良し、2002年11月5日に発売した。また関連会社のオーテックジャパンは、同様の改良を施したウイングロード「ライダー」シリーズ、福祉車両「アンシャンテ」などを発売した。

1.5リッターと1.8リッター「QG」直4エンジンの、アウトプットなどの向上が最大のポイント。1.5リッター「QG15DE」ユニットにおいては、パワーは1psアップし106ps/6000rpm、トルクは0.7kgm太くなり14.5kgm/4000rpmとなった。1.8リッター「QG18DE」は、7psプラスの122ps/5600rpm、0.2kgm増の16.8kgm/4400rpm。

燃費は、1.5リッター+4段AT車がリッターあたり1.4km向上し16.0km、1.8リッターは1.2kmアップの13.0kmとなった(10・15モード)。

環境面では、両エンジン搭載車とも、国土交通省の低排出ガス車認定制度「超-低排出ガス車(U-LEV)」認定を取得。2010年燃費基準にも適合し、2リッターエンジンを含む全車で、グリーン税制の優遇措置として自動車取得税などの減税が受けられるようになった。

また、前席にアクティブヘッドレストを全車標準採用し、安全性の向上を図ったほか、ボディ色に「シリカブレス」「ホワイトパール」の2色を新たに設定した。

なお、今回の一部改良にともない、グレード体系が見直された。価格は、1.5リッターモデルが134.8万円から183.8万円、唯一の4WDモデルとなる1.8リッター版は168.0万円から212.0万円、2リッターモデルは184.8万円と195.8万円。

オーテックジャパンが内外装を飾った「ウイングロード・ライダー」は、エクステリアはそのままに、仕様、装備を若干変更。同時に、フロントのデザインに、「スピード感・スポーティ感を持たせた」(プレスリリース)「ライダープラス」を追加設定した。155.8万円から203.0万円まで。

身体の不自由な方向け「ウイングロード・アンシャンテ」(152.3万円と162.3万円)は、簡単な操作で90度回転する「助手席回転シート」を装着。荷室へ車いすを収納する際の負担を軽減する「車いす収納装備(電動式)」も設定した。主に下肢に障害のある方が、自ら運転するための装置(手動運転装置)を装着した車両「ドライビングヘルパー」も、171.3万円で販売される。

(webCG 有吉)

日産自動車「ウイングロード」:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/

 
日産「ウイングロード」一部改良の画像

オプションの車いす収納装置(電動式)を装備した「ウイングロード・アンシャンテ」
 

	オプションの車いす収納装置(電動式)を装備した「ウイングロード・アンシャンテ」
	 
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 「日産ステージア」をマイナーチェンジ 2004.8.23 自動車ニュース 日産自動車は、ステーションワゴン「ステージア」をマイナーチェンジ。内外装の質感向上や、3.5リッターV6を積む新グレード「350RX」を追加するなどして、2004年8月19日に発売した。
  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸NEW 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る