ボルボ「V40」と「XC70」に限定モデル

2002.11.05 自動車ニュース
 

ボルボ「V40」と「XC70」に限定モデル

ボルボカーズジャパンは、特別限定車「XC70ブラックエディション」と「V40ノルディックスポーツ」を設定し、2002年11月1日より販売を開始した。


【写真上】「XC70ブラックエディション」
【写真下】「V40ノルディックスポーツ」
 

●「XC70ブラックエディション」
クロスカントリーこと「XC70」2003年モデル発売を記念したモデル。標準グレードをベースに、その名の通り、黒を基調とした内外装を採用。さらに「ハイパフォーマンス・オーディオシステム」などの特別装備を付与した。2002年11月1日から2003年1月31日までの限定販売。価格は、ベースモデルの3.0万円高、498.0万円。
主な特別装備
・専用ボディ色「ブラック・サファイヤ・メタリック」
・フロント・スキッドプレート
・ブラックメッシュ仕上げのアルミニウムパネル
・ハイパフォーマンス・オーディオシステム
・運転席パワーシート

●「V40ノルディックスポーツ」
スポーツ性を強調すべく、専用フルエアロキットやブラックベゼル・ヘッドランプを採用。販売台数は200台限定だ。
主な特別装備
・フルエアロキット
・本革シート
・ピアノブラック調素材内装
・ボディ同色バンパーモール/サイドモール
・CD/MD付きハイパフォーマンス・オーディオシステム
価格は、366.5万円。

(webCG 永瀧)

「ボルボカーズジャパン」:
http://www.volvocars.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る