【東京モーターショー2002】トヨタ「ALSV」

2002.11.02 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2002】トヨタ「ALSV」

日本自動車工業会が主催する「第36回東京モーターショー」(商用車)が、2002年10月29日、千葉県の幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開幕した。 各社の注目モデルを紹介する。



 

■誰もが使いやすいクルマ
・・・トヨタ「ALSV」

「ALSV」(Active-Life Support Vehicle)は、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」ベースのコンセプトカー。“新しい人とクルマの関係”を提案し、誰にでも使いやすい「ユニバーサルデザイン」を具現化したモデルである。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4000×1690×1535mm、ホイールベースはヴィッツのものから180mm延長された2550mm。エンジンは、1.5リッター直4が積まれる。


助手席と後席がドア側に回転する「パノラマスライドドア」
 

助手席側にBピラーはなく、「パノラマスライドドア」と呼ばれる大きなスライドドアが代わって採用された。さらに助手席と後席は、出入り口方向へ回転する「お出迎えシート」、運転席はドア側へ回転し、乗降性に配慮した。ステアリングホイールまわりに、アクセルとブレーキを内蔵した「フレンドマチック」を採用し、“誰もが使いやすい”の実現が謳われる。



 

加えて、バンパーなどのプラスチック部品に柔らかい素材を使い、歩行者衝突時のダメージを軽減。さらに、サツマイモやさとうきびを発酵させて得た乳酸などから合成された「バイオプラスチック」の採用や、リサイクル性を向上させるなどして環境にも配慮した。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。