【東京モーターショー2002】ダイハツ「UF mini-s」「UF mini-v」

2002.11.02 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2002】ダイハツ「UF mini-s」「UF mini-v」

日本自動車工業会が主催する「第36回東京モーターショー」(商用車)が、2002年10月29日、千葉県の幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開幕した。 各社の注目モデルを紹介する。


乗用車版「UF mini-s」。商用車ショーにあわせて、パソコンなどビジネスシーンを見据えた装備が与えられた
 

■ミラの後継モデル!?
・・・ダイハツ「UF mini-s」「UF mini-v」

ダイハツの参考出品車「UF mini」は、2002年10月15日にフルモデルチェンジした「ムーヴ」のプラットフォームを使う軽乗用車。セダン(s)とバン(v)の2種類が展示される。


こちらはバン「UF mini-v」のリアビュー
 

ボディサイズは、前後長、ホイールベースともにムーヴと同じ、全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm、ホイールベース=2390mm。エンジンは、0.66リッター直3を積む。やはりムーヴと同じように前後とも90度まで開くドアや、バンタイプはリアシートを前に倒して、荷室をフラットにできるようにしたなど、使い勝手に配慮された。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。