ホンダ、タイで新型車を発表

2002.11.01 自動車ニュース
 

ホンダ、タイで新型車を発表

本田技研工業のタイ現地法人、ホンダ・オートモービル・タイランド(HATC)は、2002年10月30日、現地向け小型セダン「シティ」をフルモデルチェンジしたと発表した。



 

ホンダ・シティといえば、1981年11月にデビューした“トールボーイ”を思い出す方もいるだろうが、タイで造られ東南アジア諸国で売られる新型「シティ」は、「グローバル・スモール・プラットフォーム」、つまり「フィット」をベースとしたコンパクトセダン。いわば、トヨタ「ヴィッツ」ベースの「プラッツ」のような存在だ。

フィットと同じく、多彩なシートアレンジが可能な「ULTRAシート」がセールスポイント。エンジンは1.5リッター「i-DSI」ユニットで、7スピードモード付きの無段変速機(CVT)を組み合わせる。

HATCのアユタヤ工場で生産されるシティ。年内に日本へ輸出する計画もあるという。

「本田技研工業」:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。