【東京モーターショー2002】マツダ「デミオ・ビジネスコンセプト」

2002.11.01 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2002】マツダ「デミオ・ビジネスコンセプト」

日本自動車工業会が主催する「第36回東京モーターショー」(商用車)が、2002年10月29日、千葉県の幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開幕した。 各社の注目モデルを紹介する。



 

■走るワークステーション
・・・マツダ「デミオ・ビジネスコンセプト」

2002年度上期の売上げ、利益、利益率が目標を上回る見通しの“ZOOM-ZOOM”なマツダは、2002年8月にフルモデルチェンジした「デミオ」ベースの商用モデル「デミオ・ビジネスコンセプト」を参考出品した。

「超低床荷室構造」と呼ばれる低いフロアにスロープを取り付け、荷物を台車ごと積み下ろしできるようにした。低床を活かし、荷室は上下2段構造。後席をダブルフォールディングし、フロアを上下に分け、下に台車、上に荷物を載せる「最大積載モード」と、後席と上のフロアを前にしまい、台車ごと収納できる「台車モード」が選べるという。


「車両動態管理システム」対応のカーナビゲーションと携帯端末PDAにより、営業ルートやスケジュール管理、情報検索、動画配信などが行えるという
 

ビジネスサポートツールとして「車両動態管理システム」と高速通信ツールを採用。配送センターなどと車両を通信でつなぎ、作業の効率化を図ることができる。
仕事のスケジュール管理、情報検索なども可能な、「走るワークステーション」がキャッチフレーズ。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
ホームへ戻る