ボルボ、「S60」「S80」などの2003年モデルを発売

2002.11.01 自動車ニュース
 

ボルボ、「S60」「S80」などの2003年モデルを発売

ボルボカーズジャパンは、ボルボのセダン「S60」シリーズと「S80」シリーズ、ワゴン「V70」シリーズとクロスカントリー「XC70」の2003年モデルを、2003年11月1日に発売した。
これで、先行販売されている「S40」シリーズと「V40」シリーズ、オープン「C70カブリオレ」とあわせ、ボルボ全ラインナップが2003年モデルに移行したことになる。


【写真上】「S60 T-5 Sport」
【写真下】「S80 T-6 TE」


※AWDとは、All Wheel Drive、つまり4輪駆動のこと
 

■進化した4WDシステムとエンジン

従来まで、「V70 AWD」と「XC70」の4WDシステムは、ビスカスカプリングによる機械式が採用されていたが、2003年モデルから、電子制御多板クラッチで俊敏にトルク配分を行う「ハルデックスクラッチ」にグレードアップされた。システムも進化し、今までのABSシステムを介した方式から、エンジンやブレーキなどを包括的にコントロールするコンピューター「マルチプレックス」と直接連動。さらに、機械式だった油圧コントロールを、電子制御ソレノイドバルブ式に変更することで、よりきめ細かい制御が可能になったという。

加えて、4WD全車が搭載する2.4リッター直5 DOHC20バルブの排気量が、2.5リッターまで拡大された。吸排気に可変バルブタイミング機構を採用し、9psと3.5kgmアップ。209ps/5000rpmの最高出力と32.6kgm/1500-4500rpmの最大トルクを得た。

ちなみにボルボ車は、AWDシリーズを含む11モデルが、平成12年基準排出ガス50%低減レベルの「優-低排出ガス」認定車。その他4モデルも、同25%低減レベル「良-低排出ガス」をクリアする。


ボルボ「リア・エンターテイメント・システム」
 

■「S60」「S80」にスポーティな2グレード

「S60」シリーズに追加された「S60 T-5 Sport」は、スポーティを演出する内外装や、250psの高出力エンジンを備えた、スポーツサルーンたるS60のイメージリーダー的モデルだ。
エンジンは、2.3リッター直5 DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き。中低速トルクを重視する「低圧ターボ」ではなく、高出力型のハイプレッシャーターボで、250ps/5200rpmの最高出力と、33.7kgm/2400-5200rpmの最大トルクを発生。シーケンシャルモード「ギアトロニック」付きの5段ATを介して前輪を駆動する。
17インチ「Thor」(ソア)アルミホイールが足元をスポーティに演出。専用の「スポーツプラスパッケージ」オプションを選べば、BBS社製「Nebula」18インチホイールを装着できる。また、「ボルボ最高レベル」と謳われる「プレミアムサウンドオーディオシステム」をS60シリーズで初めて採用した。
価格は、548.0万円。

ボルボのフラッグシップ「S80」シリーズに追加された、「S80 T-6」の豪華装備バージョン「TE」(Top Executive)は、全ラインナップの頂点に立つモデル。室内はベース車より20mm広くなり、後席の快適性の向上が図られた。
パワートレインは「S80 T-6」と同じ、3リッター直6 DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(272ps/5400rpm、38.7kgm/1800-5000rpm)と4段ATとなる。
装備面では、ボルボ純正DVDナビゲーションシステム「RTI」(ロード・トラック・インフォメーション)、後席シートヒーター、リアウィンドウ電動サンブラインドなどを標準で装備する。
注目すべきは、前席ヘッドレスト後部に、7インチワイド液晶モニターを付けた「RSE(リア・シート・エンターテイメント)」システムだ。後席乗員は、左右独立して異なったメディアを楽しむことができ、ロングドライブや渋滞を快適に過ごせるという。リアアームレスト内には、AV機器やゲーム機などを接続できる「マルチメディアAVターミナル」と「12V電源ソケット」を備える。
価格は、766.0万円。

ボルボ2003年モデルの価格は、以下の通り。

「S40/V40」シリーズ:295.0万円-345.0万円
「S60」シリーズ:365.0万円-498.0万円
「S60 T-5 Sport」:548.0万円
「V70」シリーズ:400.0万円-575.0万円
「XC70」:495.0万円
「C70カブリオレ」:495.0万円
「S80」シリーズ:560.0万円-695.0万円
「S80 T-6 TE」:766.0万円

(webCGオオサワ)

「ボルボカーズジャパン」:
http://www.volvocars.co.jp/

関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS60 T5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2014.3.28 試乗記 ボルボが新世代パワートレイン「Drive-E(ドライブ・イー)」を携えて走りだした。その第1弾となる2リッター直4ターボエンジンの実力は? 「S60 T5 R-DESIGN」を箱根で試した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る