「日本カー・オブ・ザーイヤー」、10ベストカー決定

2002.11.01 自動車ニュース

「日本カー・オブ・ザーイヤー」、10ベストカー決定

2002-2003年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)の、最終選考対象となる10ベストカーが、2002年11月1日に決定した。


【写真上】トヨタ・カルディナ
【写真下】ニッサン・フェアレディZ

自動車雑誌『CG』『NAVI』も実行委員会に参加している日本COTY。今年から方向を大きく変え、これまで国産車と輸入車を別々に選んでいたものを、ひとつに統一した。いうまでもなく、国際的な状況に準じたもので、過去1年間に相当数が日本で販売されたクルマは、国産、輸入車区別無しに対象となる。


ホンダ・アコード

このリストをもとに、59人の選考委員がまず10台を選び、しかる後に11月13日の投票で今年のカー・オブ・ザ・イヤーが決まる。またこれらとは別に、特別賞として「トップテクノロジー」「ベストファン」「ベストバリュー」の各賞が、ノミネート対象車種全車の中から選択される。


マツダ・アテンザ

1日に決定した10ベストカーは以下の通り(順不同)

トヨタ・カルディナ
ニッサン・フェアレディZ
ホンダ・アコード
マツダ・アテンザ
ダイハツ・コペン
メルセデスベンツEクラス
オペル・ベクトラ
ミニ
フォルクスワーゲン・ポロ
ランドローバー・レンジローバー

期せずして国産、輸入車が5台ずつとなった。

(webCG 大川)


ダイハツ・コペン

「日本カー・オブ・ザーイヤー オフィシャルサイト」:
http://www.jcoty.org/


メルセデスベンツEクラス


オペル・ベクトラ


ミニ


フォルクスワーゲン・ポロ


ランドローバー・レンジローバー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。