三菱「エアトレック」一部改良

2002.11.01 自動車ニュース

三菱「エアトレック」一部改良

三菱自動車は、SUV「エアトレック」の一部の内外装、装備を変更し、2002年10月31日に発売した。

エクステリアにおいては、前後バンパーエクステンション、サイドエアダムなどを新意匠化。加えて、グリル塗装色をダークシルバーにするなどし、「より若々しくアクティブな外観スタイルとしました」(プレスリリース)。
またターボモデル「Turbo-R」を除く全車に、ブラック/ベージュを基調とした新内装を設定。パワーウィンドスイッチをシルバー塗装化(「20E」を除く)するなどした。ブラック基調のスポーツインテリアは、なんと無料のメーカーオプションである。
装備面では、「20V」「24V」「24V-S」に、人気が高いというトノカバーと6スピーカーを標準装備した。

価格は、2リッターモデルが170.0万円(2WD)から207.5万円(4WD)まで、2.4リッターモデルは212.5万円(2WD)から237.5万円(4WD)まで、2リッターターボは4WDのみで、229.5万円。

(webCG 有吉)

三菱自動車「エアトレック」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/AIRTREK/

 
三菱「エアトレック」一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。