ルノー、「ルーテシア」の特別仕様車など3車種を販売

2002.10.29 自動車ニュース

ルノー、「ルーテシア」の特別仕様車など3車種を販売

ルノージャポンは、コンパクトカー「ルーテシア」のスポーツバージョン「ルノースポール2.0」の特別仕様車「F1リミテッドエディション」を、2002年10月10日に限定130台で発売。加えて、従来5ドアモデルのみだった「ルーテシア1.4RXT」に、3ドアモデルを追加設定し9月30日にリリース。さらに3リッターV6をミドシップするスペシャルモデル「ルノースポールV6」を、限定30台で販売している。

■ルノーF1にちなんで

「ルノースポール2.0」の特別仕様車「F1リミテッドエディション」は、ルノーF1チームの日本グランプリ参戦に合わせて設定されたモデル。ルノースポールの手になる、2リッター直4 DOHC16バルブ(169ps)を積む「ルノースポール2.0」をベースに、車両安定性を制御する電子デバイス「ESP」を追加装備。エクステリアには大型リアスポイラーを装着。「ルノーF1チームエンブレムステッカー」でボディを飾る。
購入者には、F1チームクルーが使用するものと同じ、ランセル製の大型キャリーバッグが、オリジナルF1タグ付きでプレゼントされる。
価格は、ベースモデルの7.0万円高、272.0万円。130台の限定販売。

■スポーティな3ドア

「ルーテシア」のベーシックモデル「1.4RXT」は、2002年4月の導入開始以来、5ドアのみだったが、9月30日に3ドアモデルが追加された。
ボディサイズやホイールベース、エンジンやトランスミッションなどは5ドアと同じ。しかし、車両重量が20kg軽い1040kgとなるため、よりスポーティに走れるというのがウリだ。
価格は、5ドアより10.0万円安い175.0万円。

■TWRが造るスペシャルモデル

「ルノースポールV6」は、ミドに3リッターV6DOHC(226ps/6000rpm、30.6kgm/3750rpm)を積んだスペシャルモデル。現在販売されているのは、ルーテシアがマイナーチェンジされる前の「フェイズI」仕様で、F1のアロウズチームの運営などで知られる英TWR(トム・ウォーキンショウ・レーシング)が、開発、生産を担当する。ちなみに「フェイズII」からは、ルノースポールのデュエップ工場で生産される。
2001年11月1日から日本に導入されたが、ほぼ手作りのため生産台数が少なく、わが国に輸入された台数も多くなかった。
ルノージャポンは2002年9月に、ルノースポールV6を30台導入。2002年10月25日現在、まだ在庫はあるという。興味のある人、以前購入できずに悔しい思いをした人は、ルノージャポン(0120-706-365、又は03-5401-3157)に問い合わせのこと。

(webCGオオサワ)

「ルノージャポン」:http://www.renault.jp/

 
ルノー、「ルーテシア」の特別仕様車など3車種を販売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る