スバル「フォレスター」に街乗り新グレード

2002.10.29 自動車ニュース

スバル「フォレスター」に街乗り新グレード

富士重工業は、スバルのSUV「フォレスター」に新グレード「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」を追加設定、2002年10月31日より販売を開始する。

都市部での機能性を重視したと謳われる「フォレスター・クロススポーツ」。専用のローダウンサスペンション/ルーフレールの採用により、最低地上高をノーマルモデルより30mm低い1550mmに設定。立体駐車場に収まりやすいサイズとしたのが特徴だ。

加えて、フロントサスペンションに倒立式ストラットを装着。オンロード用16インチラジアルタイヤ(ブリヂストン・レグノGR-03。メーカーオプションとして17インチの同ポテンザRE-011を用意)を履き、舗装路での走行性能の向上を図った。

内外装は、前後バンパーやフロントグリル、アルミホイールなど、エクステリアパーツを専用デザインとした。その他、7スピーカーとMD/6連奏CD/AM/FMチューナを内蔵した「フォレスター・ソリッドフォースサウンドシステム」を標準装備するなどした。

エンジンは2リッター水平対向4気筒DOHCユニット。5段MTか、マニュアル感覚でシフトできるスポーツシフト付き4段ATを揃える。駆動方式はもちろん4WD。MTにはビスカスLSD付きセンターデフ方式、またATにはアクティブトルクスプリット4WDを組み合わせる。

価格は、233.7万円(MT)と249.5万円(AT)。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル・フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

 
スバル「フォレスター」に街乗り新グレードの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る