スバル「フォレスター」に街乗り新グレード

2002.10.29 自動車ニュース

スバル「フォレスター」に街乗り新グレード

富士重工業は、スバルのSUV「フォレスター」に新グレード「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」を追加設定、2002年10月31日より販売を開始する。

都市部での機能性を重視したと謳われる「フォレスター・クロススポーツ」。専用のローダウンサスペンション/ルーフレールの採用により、最低地上高をノーマルモデルより30mm低い1550mmに設定。立体駐車場に収まりやすいサイズとしたのが特徴だ。

加えて、フロントサスペンションに倒立式ストラットを装着。オンロード用16インチラジアルタイヤ(ブリヂストン・レグノGR-03。メーカーオプションとして17インチの同ポテンザRE-011を用意)を履き、舗装路での走行性能の向上を図った。

内外装は、前後バンパーやフロントグリル、アルミホイールなど、エクステリアパーツを専用デザインとした。その他、7スピーカーとMD/6連奏CD/AM/FMチューナを内蔵した「フォレスター・ソリッドフォースサウンドシステム」を標準装備するなどした。

エンジンは2リッター水平対向4気筒DOHCユニット。5段MTか、マニュアル感覚でシフトできるスポーツシフト付き4段ATを揃える。駆動方式はもちろん4WD。MTにはビスカスLSD付きセンターデフ方式、またATにはアクティブトルクスプリット4WDを組み合わせる。

価格は、233.7万円(MT)と249.5万円(AT)。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル・フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

 
スバル「フォレスター」に街乗り新グレードの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る