ベントレー「コンチネンタルT」、最終モデルはあと2台

2002.10.29 自動車ニュース

ベントレー「コンチネンタルT」、最終モデルはあと2台

ベントレーモーターズジャパンは、ベントレー「コンチネンタルT」の最終生産モデルを3台販売すると、2002年10月28日に発表した。価格は3995.0万円。うち1台にはすでにオーナーがついたという。

ベントレーの最高性能モデル「コンチネンタルT」は1996年に登場。日本では発表以後、今回の3台を含む36台が導入されたという。
エンジンは、426psの最高出力と89.29kgmの最大トルクを発生するターボチャージャー付きの6.75リッターV8 OHV。約2.5トンと重量級のボディながら、0-96km/h加速はわずか5.7秒。最高速度は273km/hに達し、160km/hから5秒以内に静止できる制動力を誇る。

詳しい問い合わせは、「ベントレーコール」(電話0120-97-7797)まで。

(webCGオオサワ)

 
ベントレー「コンチネンタルT」、最終モデルはあと2台の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る