ベントレー「コンチネンタルT」、最終モデルはあと2台

2002.10.29 自動車ニュース

ベントレー「コンチネンタルT」、最終モデルはあと2台

ベントレーモーターズジャパンは、ベントレー「コンチネンタルT」の最終生産モデルを3台販売すると、2002年10月28日に発表した。価格は3995.0万円。うち1台にはすでにオーナーがついたという。

ベントレーの最高性能モデル「コンチネンタルT」は1996年に登場。日本では発表以後、今回の3台を含む36台が導入されたという。
エンジンは、426psの最高出力と89.29kgmの最大トルクを発生するターボチャージャー付きの6.75リッターV8 OHV。約2.5トンと重量級のボディながら、0-96km/h加速はわずか5.7秒。最高速度は273km/hに達し、160km/hから5秒以内に静止できる制動力を誇る。

詳しい問い合わせは、「ベントレーコール」(電話0120-97-7797)まで。

(webCGオオサワ)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデス・マイバッハS650カブリオレ(その2) 2016.11.17 画像・写真 独ダイムラーがLAショー2016で公開した「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」。このスペシャルな4シーターオープンは、2017年の春に300台限定で30万ユーロ(約3510万円、1ユーロ=117円で換算)で発売される。その姿を画像で紹介。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る