ホンダ「オデッセイ」マイナーチェンジ

2002.10.28 自動車ニュース
 

ホンダ「オデッセイ」マイナーチェンジ

本田技研工業は、ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジし、2002年10月24日より販売を開始した。内外装の変更が主な内容となる。


【写真上】「オデッセイLタイプ」
【写真下】「オデッセイ・アブソルート」
 

全車に、クリアなサイドターンランプ(フロント)やサイドマーカーレンズを採用。またディスチャージドヘッドランプを標準装備(「S」を除く)するなど、装備も拡充した。詳しくは以下の通り。

内外装
・ボディ同色のフロントロアスカート、サイドプロテクターの採用(Sを除く)
・クリアなサイドターンランプ(フロント)、サイドマーカーレンズの採用
・内装色として、「MQ」にブラック、「アブソルート」にイルビアンコを新設定。また「L」「VZ」にベージュの本革、アブソルートにイルビアンコの本革をオプション設定
・インナードアハンドル、ATシフターのパネル部分などのメタル系色調や新デザインシフトノブを、各グレードごとに専用設定
・新デザインのアルミホイールをアブソルートに採用

装備
・ディスチャージドヘッドランプ(ロービーム)と立体自発光式メーターを標準装備(Sを除く)
・電波式キーレスエントリーシステム用リモコンを2個標準装備

価格は、2.3リッター直4VTECエンジン搭載車が、Sの212.5万円からLの286.5万円まで。3リッターV6VTECエンジン搭載車は、「VG」の267.5万円からVZの341.5万円まで。

(webCG 永瀧)

本田技研工業 「オデッセイ」:
http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

関連キーワード:
オデッセイホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダが新型SUV、アヴァンシアを世界発公開【北京ショー2016】 2016.4.25 自動車ニュース 本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において、新型SUV「アヴァンシア(中国名:冠道)」を世界初公開した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る