メルセデス「Cクラス・セダン」に新エンジンと4WD

2002.10.25 自動車ニュース

メルセデス「Cクラス・セダン」に新エンジンと4WD

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Cクラス・セダン」を一部改良、新たに、スーパーチャージャー付きの1.8リッター直4エンジンと4WDをラインナップに加え、2002年10月21日に発売した。

新開発の1.8リッター直4DOHCスーパーチャージャー付きユニットは、高強度アルミシリンダーヘッド、クランクケースにより軽量化。加えて吸排気双方を制御するバリアブルバルブタイミング機構やスーパーチャージャー機構を改良し、従来型の2リッタースーパーチャージャーより出力、トルク、燃費をアップさせたエンジンだ。

同じエンジンで、コントロールユニットのチューニングを変更した2種類を用意。エントリーモデルたる「C180コンプレッサー」に、最高出力143ps/5200rpm、最大トルク22.4kgm/2500-4200rpmを発生するものを、また「C200コンプレッサー」には、163ps/5500rpm、24.5kgm/3500rpmとパフォーマンスをあげたものを載せる。

フルタイム4WDを搭載するのは、2.6リッターV6エンジンの「C240 4MATIC」。滑りやすい路面での走行時や危険回避時に、4輪それぞれのブレーキ、エンジン出力などを制御し、走行の安定を図る「4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム」が備わる。

その他の改良点は、3.2リッターV6の上級「C320」、353psを発生するスーパーチャージャーエンジンを搭載したハイパフォーマンスカー「C32 AMG」に、カットのないクリアレンズを使ったバイキセノンヘッドランプを採用。また3.2リッターモデルに標準装備のハンズフリーテレフォン機能付きVICS対応DVDナビゲーション、オーディオ、テレビなどを制御するマルチファンクションコントローラーを、「C240」、C240 4MATICに拡大設定した。

5種類のエンジンを揃えるCクラス・セダン。価格は以下の通り(カッコ内はエンジン排気量/ステアリング位置)。

C180コンプレッサー(1.8リッター/右) 395.0万円
C200コンプレッサー(1.8リッター/左右) 455.0万円
C240(2.6リッター/左右) 535.0万円
C240 4MATIC(2.6リッター/左) 565.0万円
C320(3.2リッター/左右) 610.0万円
C32 AMG(3.2リッター/左右) 870.0万円

(webCG 有吉)

メルセデスベンツ「Cクラス・セダン」
http://www.mercedes-benz.co.jp/showroom/passenger/c_class/

 
メルセデス「Cクラス・セダン」に新エンジンと4WDの画像

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
ホームへ戻る