スズキ、自社ブランドのクレジットカード発行

2002.10.25 自動車ニュース

スズキ、自社ブランドのクレジットカード発行

スズキは、(株)セントラルファイナンスとの提携による自社ブランドのクレジットカード「スズキカード」を発行、2002年11月1日より会員募集を開始する。

「スズキカード」は、「マスターカード」「JCB」のクレジットカード機能に加え、ロードサービス、キャッシュバックなどのサービスを付帯したカードだ。

日本ロードサービス(株)(JRS)提供の、作業時間30分以内の現場応急処置、代替交通手配などのサービスを無料で利用できるほか、カードの累計利用額の1%をポイントとして換算し、1ポイント=1円でスズキ代理店での買物時に割引する「スズキポイントサービス」も用意される(一回の割引限度額10万円、ポイント有効期限5年間)。

「お油割くん」と名づけられたもう1つのキャッシュバックサービスもウリのひとつ。全国のガソリンスタンド(系列は問わない)、高速道路でのカード利用額に応じて、毎月最大3000円を割り戻すもの。割り戻し金額は、当月のカード利用額の0.01%に、翌々月のガソリンスタンド及び高速道路利用額の1%を掛けたものとなる。

申し込みは、セントラルファイナンスと加盟店契約を結んだ全国のスズキ代理店で受け付ける。年会費は1250円(消費税別)、初年度は無料。希望者には、ETC専用の「CF ETCカード」(年会費別途必要)も発行されるという。

(webCG 永瀧)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ、自社ブランドのクレジットカード発行の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。