トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

2002.10.24 自動車ニュース
 

トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

トヨタ自動車は、4ドアセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」の1.5リッター、1.8リッターエンジン搭載車に、新グレード「スタンダードパッケージ」を追加設定し、2002年10月22日より販売を開始した。

 

「スタンダードパッケージ」は、廉価版のエントリーモデルをベースに、さらに装備を簡素化し値下げしたモデルだ。ベースとなるのは、1.5リッターエンジン搭載の「F」(プレミオ)と「A15」(アリオン)、1.8リッターを載せる「X」(プレミオ)と「A18」(アリオン)。全て、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス)」車となる。

ボディ色は「スーパーホワイトII」と「シルバーメタリック」の2色のみ。フロントフォグランプ、コンライト、カラードマッドガードを装備からはずし、またエアコンをオートからマニュアルに変更するなどした。

価格は、プレミオ「Fスタンダードパッケージ」が152.0万円、「Xスタンダードパッケージ」が168.5万円(2WD)と189.5万円(4WD)、アリオン「A15スタンダードパッケージ」は149.5万円、「A18スタンダードパッケージ」は166.0万円(2WD)と187.0万円(4WD)。それぞれベース車の10.0万円安となる。

主な変更点は以下の通り。

・アウトサイドドアハンドル(メッキからカラード)(プレミオのみ)
・電動格納式リモコンドアミラー(カラード(ヒーター付きレインクリアリングミラー)からブラック)
・ドアサッシュ(ブラックアウトからボディ同色)
・ワイヤレスドアロックリモートコントロール(2本から1本)
・コンソールボックス(ファブリック巻き2段式から樹脂1段式)
・インストルメントパネルクラスター(漆黒調(プレミオは木目調)からガンメタリック)
・センタークラスター(木目調からガンメタリック)
・シフトレバーベゼル(メッキからブラック)
・エアコン(オートからマニュアル)
・オーディオ(ラジオレス+6スピーカーからラジオレス+2スピーカー)

(webCG 永瀧)

 

トヨタ自動車「プレミオ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る