トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

2002.10.24 自動車ニュース
 

トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

トヨタ自動車は、4ドアセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」の1.5リッター、1.8リッターエンジン搭載車に、新グレード「スタンダードパッケージ」を追加設定し、2002年10月22日より販売を開始した。

 

「スタンダードパッケージ」は、廉価版のエントリーモデルをベースに、さらに装備を簡素化し値下げしたモデルだ。ベースとなるのは、1.5リッターエンジン搭載の「F」(プレミオ)と「A15」(アリオン)、1.8リッターを載せる「X」(プレミオ)と「A18」(アリオン)。全て、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス)」車となる。

ボディ色は「スーパーホワイトII」と「シルバーメタリック」の2色のみ。フロントフォグランプ、コンライト、カラードマッドガードを装備からはずし、またエアコンをオートからマニュアルに変更するなどした。

価格は、プレミオ「Fスタンダードパッケージ」が152.0万円、「Xスタンダードパッケージ」が168.5万円(2WD)と189.5万円(4WD)、アリオン「A15スタンダードパッケージ」は149.5万円、「A18スタンダードパッケージ」は166.0万円(2WD)と187.0万円(4WD)。それぞれベース車の10.0万円安となる。

主な変更点は以下の通り。

・アウトサイドドアハンドル(メッキからカラード)(プレミオのみ)
・電動格納式リモコンドアミラー(カラード(ヒーター付きレインクリアリングミラー)からブラック)
・ドアサッシュ(ブラックアウトからボディ同色)
・ワイヤレスドアロックリモートコントロール(2本から1本)
・コンソールボックス(ファブリック巻き2段式から樹脂1段式)
・インストルメントパネルクラスター(漆黒調(プレミオは木目調)からガンメタリック)
・センタークラスター(木目調からガンメタリック)
・シフトレバーベゼル(メッキからブラック)
・エアコン(オートからマニュアル)
・オーディオ(ラジオレス+6スピーカーからラジオレス+2スピーカー)

(webCG 永瀧)

 

トヨタ自動車「プレミオ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る