トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

2002.10.24 自動車ニュース
 

トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

トヨタ自動車は、4ドアセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」の1.5リッター、1.8リッターエンジン搭載車に、新グレード「スタンダードパッケージ」を追加設定し、2002年10月22日より販売を開始した。

 

「スタンダードパッケージ」は、廉価版のエントリーモデルをベースに、さらに装備を簡素化し値下げしたモデルだ。ベースとなるのは、1.5リッターエンジン搭載の「F」(プレミオ)と「A15」(アリオン)、1.8リッターを載せる「X」(プレミオ)と「A18」(アリオン)。全て、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス)」車となる。

ボディ色は「スーパーホワイトII」と「シルバーメタリック」の2色のみ。フロントフォグランプ、コンライト、カラードマッドガードを装備からはずし、またエアコンをオートからマニュアルに変更するなどした。

価格は、プレミオ「Fスタンダードパッケージ」が152.0万円、「Xスタンダードパッケージ」が168.5万円(2WD)と189.5万円(4WD)、アリオン「A15スタンダードパッケージ」は149.5万円、「A18スタンダードパッケージ」は166.0万円(2WD)と187.0万円(4WD)。それぞれベース車の10.0万円安となる。

主な変更点は以下の通り。

・アウトサイドドアハンドル(メッキからカラード)(プレミオのみ)
・電動格納式リモコンドアミラー(カラード(ヒーター付きレインクリアリングミラー)からブラック)
・ドアサッシュ(ブラックアウトからボディ同色)
・ワイヤレスドアロックリモートコントロール(2本から1本)
・コンソールボックス(ファブリック巻き2段式から樹脂1段式)
・インストルメントパネルクラスター(漆黒調(プレミオは木目調)からガンメタリック)
・センタークラスター(木目調からガンメタリック)
・シフトレバーベゼル(メッキからブラック)
・エアコン(オートからマニュアル)
・オーディオ(ラジオレス+6スピーカーからラジオレス+2スピーカー)

(webCG 永瀧)

 

トヨタ自動車「プレミオ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開 2017.10.5 自動車ニュース
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース