トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

2002.10.24 自動車ニュース
 

トヨタ「プレミオ」「アリオン」に新グレード

トヨタ自動車は、4ドアセダン「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」の1.5リッター、1.8リッターエンジン搭載車に、新グレード「スタンダードパッケージ」を追加設定し、2002年10月22日より販売を開始した。

 

「スタンダードパッケージ」は、廉価版のエントリーモデルをベースに、さらに装備を簡素化し値下げしたモデルだ。ベースとなるのは、1.5リッターエンジン搭載の「F」(プレミオ)と「A15」(アリオン)、1.8リッターを載せる「X」(プレミオ)と「A18」(アリオン)。全て、国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス)」車となる。

ボディ色は「スーパーホワイトII」と「シルバーメタリック」の2色のみ。フロントフォグランプ、コンライト、カラードマッドガードを装備からはずし、またエアコンをオートからマニュアルに変更するなどした。

価格は、プレミオ「Fスタンダードパッケージ」が152.0万円、「Xスタンダードパッケージ」が168.5万円(2WD)と189.5万円(4WD)、アリオン「A15スタンダードパッケージ」は149.5万円、「A18スタンダードパッケージ」は166.0万円(2WD)と187.0万円(4WD)。それぞれベース車の10.0万円安となる。

主な変更点は以下の通り。

・アウトサイドドアハンドル(メッキからカラード)(プレミオのみ)
・電動格納式リモコンドアミラー(カラード(ヒーター付きレインクリアリングミラー)からブラック)
・ドアサッシュ(ブラックアウトからボディ同色)
・ワイヤレスドアロックリモートコントロール(2本から1本)
・コンソールボックス(ファブリック巻き2段式から樹脂1段式)
・インストルメントパネルクラスター(漆黒調(プレミオは木目調)からガンメタリック)
・センタークラスター(木目調からガンメタリック)
・シフトレバーベゼル(メッキからブラック)
・エアコン(オートからマニュアル)
・オーディオ(ラジオレス+6スピーカーからラジオレス+2スピーカー)

(webCG 永瀧)

 

トヨタ自動車「プレミオ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Premio/
同「アリオン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Allion/

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2007.6.26 試乗記 トヨタ・プレミオ 1.8X“Lパッケージ”(FF/CVT)/アリオン A15“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……241万800円/223万2300円

    トヨタのミディアムセダン「プレミオ/アリオン」がフルモデルチェンジし2代目となった。2つの顔をもつ新型セダンに試乗した。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
  • トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”(FR/6AT)【試乗記】 2010.3.31 試乗記 トヨタ・マークX“+Mスーパーチャージャー”350S(FR/6AT)/“+Mスーパーチャージャー”プレミアム(FR/6AT)
    ……502万8000円/487万3000円

    トヨタのセダン「マークX」に、スーパーチャージャーでパワーアップしたコンプリートカーが登場。いったいどんな走りなのか、『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
ホームへ戻る