マツダ「スピアーノ」にターボモデル追加

2002.10.24 自動車ニュース

マツダ「スピアーノ」にターボモデル追加

マツダは、軽乗用車「スピアーノ」(スズキ「アルト・ラパン」のOEM車)に、ターボエンジンを搭載した新グレード「ターボ」を追加設定し、2002年10月23日に販売を開始した。

10月17日に先行発売されたスズキ「アルト・ラパン・ターボ」とほぼ同じ内容となる。すなわち、マツダ「AZ-ワゴン」(スズキ「ワゴンR」のOEM)と同様の「M-ターボ」エンジン搭載、タコメーターの追加、分割可倒式リアシート、クラリオン製AM/FMチューナー付きMD/CDプレーヤー、ベンチレーティッドディスクブレーキの採用などがトピックだ。

価格は、2WDが114.3万円、4WDは126.5万円。

(webCG 永瀧)

マツダ 「スピアーノ」:
http://www.spiano.mazda.co.jp/

 
マツダ「スピアーノ」にターボモデル追加の画像

関連キーワード:
スピアーノマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • トヨタ、「プリウスPHV」にサポカーS ワイドの特別仕様車を設定 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、「プリウスPHV」に特別仕様車「S“Safety Plus”」「S“ナビパッケージ・Safety Plus”」「A“Utility Plus”」を設定し、2018年1月8日に発売すると発表した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 三菱自動車、“ナイトショールーム”をオープン 2018.1.9 自動車ニュース 三菱自動車は2018年1月9日、自宅にいながらインターネット上で新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」のショールーム体験ができる「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」を開催すると発表した。開催は1月9日から。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
ホームへ戻る