マツダ「スピアーノ」にターボモデル追加

2002.10.24 自動車ニュース

マツダ「スピアーノ」にターボモデル追加

マツダは、軽乗用車「スピアーノ」(スズキ「アルト・ラパン」のOEM車)に、ターボエンジンを搭載した新グレード「ターボ」を追加設定し、2002年10月23日に販売を開始した。

10月17日に先行発売されたスズキ「アルト・ラパン・ターボ」とほぼ同じ内容となる。すなわち、マツダ「AZ-ワゴン」(スズキ「ワゴンR」のOEM)と同様の「M-ターボ」エンジン搭載、タコメーターの追加、分割可倒式リアシート、クラリオン製AM/FMチューナー付きMD/CDプレーヤー、ベンチレーティッドディスクブレーキの採用などがトピックだ。

価格は、2WDが114.3万円、4WDは126.5万円。

(webCG 永瀧)

マツダ 「スピアーノ」:
http://www.spiano.mazda.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る