アウディ「TTクーペ1.8T」に6段AT

2002.10.23 自動車ニュース

アウディ「TTクーペ1.8T」に6段AT

アウディジャパンは、4座の2ドアクーペ「TTクーペ」のFFモデル「1.8T」の一部を変更、2002年11月1日から販売を開始する。従来までの5段MTに替わり、シーケンシャルモード付き6段AT「ティプトロニック」を新採用。“AT大国”日本での販売増を狙う。価格は、MTモデルから9.0万円値上げされ、399.0万円。6段MT+4WDの「1.8Tクワトロ」より81.0万円安い。

TT専用に設計されたという6段ティプトロニックは、ステアリングホイール上のスイッチで、シフトレバーに触れることなくギアチェンジできる「Sモード」付き。1.8リッター直4DOHC 20バルブ・インタークーラー付きターボ(180ps/5500rpm、24.0kgm/1950-5000rpm)との組み合わせで、最高速度225km/h、0-100km/h加速8.4秒のパフォーマンスを誇る(いずれもメーカー値)。右ハンドル仕様のみ。

その他、フロントグリルの形状変更、ホイールデザインを5アームから7アームにするなどした。ボディ色は、3色追加し全9色。シート生地は標準の「アルカンタラ」に加え、新たに2色をオプション設定した。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン「TTクーペ」:
http://www.audi.co.jp/models/TT_C/

 
アウディ「TTクーペ1.8T」に6段ATの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る