シボレー「コーベット50周年モデル」、限定20台

2002.10.23 自動車ニュース

シボレー「コーベット50周年モデル」、限定20台

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのスポーツカー「コーベット」に、同車デビュー50周年を記念した限定車、その名も「シボレー・コーベット50周年記念モデル」を設定、2002年11月9日に発売する。

1953年に初代がデビューした、アメリカを代表するスポーツカー「コーベット」。1997年に登場した現行型の第5世代モデルまで、世界中で合計120万台強が販売されたという。

50歳の誕生を祝う「シボレー・コーベット50周年記念モデル」は、北米を中心とした全世界で販売されるもので、わが国へは20台が割り当てられる。
最大の特徴は、新サスペンションシステム「マグネティック・セレクティブ・ライド・コントロール」を採用したこと。このシステムは、磁力を利用して、ダンパーの減衰力を可変させるもの。ダンパーセンサーからの電気信号により、シリンダーとピストンロッド間のオリフィス内の磁力を変化させ、オイルの粘度特性を1000分の1秒単位で切り替えることが可能。結果、高速走行での高いハンドリング性能と快適な乗り心地を実現した、と謳われる。 スイッチにより、「Sport」か「Tour」の2つのモードを選択できる。

その他の特別装備は、以下の通り。

・アニバーサリーレッドエクステリアカラー
・シェールインテリアカラー
・シェールコンバーチブルトップカラー(コンバーチブルモデルのみ)
・シャンパーンゴールド・アルミホイール
・フェンダー・バッジ(左右)
・50周年記念ロゴ刺繍入りシートバック&フロアマット
・本革ドアグリップ&本革アームレストカバー

予定価格は、クーペが686.8万円、コンバーチブルは、798.0万円。
問い合わせは、「シボレーフリーダイヤル」(電話0120-40-4984)まで。

(webCG 有吉)

 
シボレー「コーベット50周年モデル」、限定20台の画像

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • 世界限定650台、「シボレー・コルベット」の65周年記念モデル登場 2017.8.31 自動車ニュース 「Carbon 65 Edition」は、2018年にコルベットが誕生65周年を迎えることを記念した限定車。全世界で650台のみが販売され、日本市場にはそのうち「グランスポーツ」が5台、「Z06」が3台の、計8台が割り当てられる。両グレードとも7段MTと8段ATが選択可能。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る