スズキ、「アルトラパン」にターボモデルを追加

2002.10.19 自動車ニュース

スズキ、「アルトラパン」にターボモデルを追加

スズキは、軽乗用車「アルトラパン」に、ターボエンジンを搭載した新グレード、その名も「ターボ」を追加設定、2002年10月17日に販売を開始した。

20代の女性をメインターゲットとした、ウサギマークがカワイイ軽「アルトラパン」。今回加わった「アルトラパン・ターボ」は、フロントグリルをボディ同色のストライプ型から、専用デザインのメッシュグリルに変更。フロントバンパーに、ハロゲンフォグランプを埋め込んで、“ちょっと凄んだ”出で立ちとなって登場した。
インテリアは、NA(自然吸気)モデルで速度計の右側に設置された時計に替わり、タコメーターを装備。ベンチシートだったフロントシートは、セパレートタイプに変更され、また一体型だったリアシートは、5:5の分割可倒式に換装された。快適性と実用性の向上が謳われる。

エンジンは、「ワゴンR」や「MRワゴン」にも搭載される、0.66リッター直3DOHC12バルブ・インタークーラー付き“Mターボ”。街中など、日常で頻繁に使用する中低速のトルクを重視したエンジンで、60ps/6000rpmの最高出力と、8.5kgm/3000rpmの最大トルクを発生する。トランスミッションは、NAと同じコラム式4段AT。ギア比も同じだ。

その他、色や材質をインストルメントパネルとコーディネートした、クラリオン製のMD/CDチューナーを採用。4WD車には、ヒーテッドドアミラーも装着される。価格は111.8万円(2WD)と、124.0万円(4WD)。

(webCGオオサワ)

スズキ「アルトラパン」:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/lapin/lineup/index.html

 
スズキ、「アルトラパン」にターボモデルを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
ホームへ戻る