スズキ、「アルトラパン」にターボモデルを追加

2002.10.19 自動車ニュース

スズキ、「アルトラパン」にターボモデルを追加

スズキは、軽乗用車「アルトラパン」に、ターボエンジンを搭載した新グレード、その名も「ターボ」を追加設定、2002年10月17日に販売を開始した。

20代の女性をメインターゲットとした、ウサギマークがカワイイ軽「アルトラパン」。今回加わった「アルトラパン・ターボ」は、フロントグリルをボディ同色のストライプ型から、専用デザインのメッシュグリルに変更。フロントバンパーに、ハロゲンフォグランプを埋め込んで、“ちょっと凄んだ”出で立ちとなって登場した。
インテリアは、NA(自然吸気)モデルで速度計の右側に設置された時計に替わり、タコメーターを装備。ベンチシートだったフロントシートは、セパレートタイプに変更され、また一体型だったリアシートは、5:5の分割可倒式に換装された。快適性と実用性の向上が謳われる。

エンジンは、「ワゴンR」や「MRワゴン」にも搭載される、0.66リッター直3DOHC12バルブ・インタークーラー付き“Mターボ”。街中など、日常で頻繁に使用する中低速のトルクを重視したエンジンで、60ps/6000rpmの最高出力と、8.5kgm/3000rpmの最大トルクを発生する。トランスミッションは、NAと同じコラム式4段AT。ギア比も同じだ。

その他、色や材質をインストルメントパネルとコーディネートした、クラリオン製のMD/CDチューナーを採用。4WD車には、ヒーテッドドアミラーも装着される。価格は111.8万円(2WD)と、124.0万円(4WD)。

(webCGオオサワ)

スズキ「アルトラパン」:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/lapin/lineup/index.html

 
スズキ、「アルトラパン」にターボモデルを追加の画像

関連キーワード:
ラパンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る