ホンダ「CR-V」をマイナーチェンジ

2002.10.18 自動車ニュース

ホンダ「CR-V」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、コンパクトSUV「CR-V」をマイナーチェンジし、2002年10月17日から販売を開始した。

今回のマイナーチェンジは、装備の充実が主な眼目。16インチアルミホイールの採用(iL)やツィーター付き6スピーカー(iL)、4スピーカー(iG)の標準装備、オプション装備のCDカーナビゲーションシステムを、価格据置のままリアカメラ付きDVDナビに変更するなどが施された。

さらに、全車標準装備のキーレスエントリーシステムに「キーレスアンサーバック機能」を追加。キーレスリモコンを1つ追加し、2個標準装備となるなど、使い勝手の向上が図られた。
他に、プライバシーガラス、フロントシートアームレスト、助手席シートアンダートレイがセットになった「Cパッケージ」を設定。ボディー色に「エターナルブルーパール」、「ミラノレッド」が追加され、「クローバーグリーン・パール」が廃止された。

価格はiLが従来と変わらず、201.8万円から219.8万円まで。iGは従来より3万円値下げされ、184.8万円から202.8万円となる。

(webCG 永瀧)

ホンダ 「CR-V」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/cr-v/

 
ホンダ「CR-V」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
CR-Vホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ(四輪) 2017.10.25 画像・写真 本田技研工業は、第45回東京モーターショーの会場において、「スポーツEVコンセプト」「アーバンEVコンセプト」などのコンセプトカーを披露した。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る