ホンダ「シビック」シリーズをマイナーチェンジ

2002.10.18 自動車ニュース
 

ホンダ「シビック」シリーズをマイナーチェンジ

本田技研工業は、ハッチバックの「シビック」、セダンの「シビックフェリオ」と、ハイブリッドカー「シビックハイブリッド」にマイナーチェンジを施し、2002年10月17日に販売を開始した。


写真上:シビック
写真下:シビックフェリオ
 

今回のマイナーチェンジでは、装備の充実や内装の質感向上が図られた。さらに「シビック フェリオ」には、1.7リッターVTECエンジンにCVTを組み合わせた上級モデル「XL」が設定された。

車種別の変更点は、以下の通り。

■「シビック」
・全タイプ、電波式キーレスエントリーシステムに、アンサーバック機能を追加。運転席には、シートバックポケットを標準装備。
・1.5リッターを積むベーシックグレード「G」と「G4」(4WD)に、4スピーカーを標準装備。
・1.5リッターリーンバーンエンジンを積む「iE」グレードの、ミスト機構付きワイパーに、間欠式を標準装備。
・1.7リッターを積むトップグレード「X」と「X4」(4WD)に、ハーフシェイドフロントウィンドウ、本革巻ステアリングホイール&シフトノブ、ウォッシャー付き間欠リアワイパーを標準装備。

さらに、「X」と「X4」に設定されるメーカーオプション「レザーインテリア」(シート、アームレスト、ドアライニング)の価格を12.0万円から10.0万円に、「Sパッケージ」のオプション価格が、10.0万円から8.0万円に値下げされた。

■「シビックフェリオ」
・全タイプに、ハイグレードキーとリアヘッドレストを標準装備するとともに、シートの形状を変更してホールド性を向上。
・ベーシックグレード「C」と「C4」(4WD)は、タコメーターを標準装備。さらに、シート表皮をモケットからトリコットに変更。
・1.5リッターリーンバーンエンジンを積む「iE」グレードは、インナードアハンドルなどにクロームメッキを採用。キーレスエントリーシステムにアンサーバック機能を追加するとともに、シート表皮をモケットからトリコットに変更。
・1.7リッターエンジンに5段MTを組み合わせた「RS」グレードは、本革巻ステアリングホイール、発光式メーターをインテリアに、ボディ同色ウォッシャーノズルをエクステリアに採用。キーレスエントリーシステムにアンサーバック機能を追加。

シビックフェリオは上記に加えて、1.7リッターエンジンとCVT(無段変速機)「ホンダマルチマチックS」を組み合わせた、上級グレード「XL」が新たに設定された。

「C」と「C4」に設定されるパッケージオプション「Fパッケージ」に、UVカットガラスと運転席ハイトアジャスターを追加。「iE」と「L4」に設定される「Lパッケージ」には、バリアブル間欠フロントワイパーを追加したが、それぞれ価格は据え置かれた。


シビックハイブリッド
 

■「シビックハイブリッド」
・ハーフシェイドフロントウィンドウを採用。
・キーレスエントリーシステムに、アンサーバック機能を追加。
・AM/FMチューナー付きCDプレーヤーと、4スピーカーを標準装備。
・シート表皮を、モケットからトリコットに変更。

などとなっている。

価格は、シビックが「G」(2WD/4AT)の144.8万円から、「X4」(4WD/4AT)の182.2万円まで。シビックフェリオが、「C」(2WD/4AT)の126.8万円から、「L4」(4WD/4AT)の170.7万円まで。新設定の「XL」(2WD/CVT)は、169.8万円。シビックハイブリッドは、209.0万円となる。

(webCGオオサワ)

ホンダ・シビック:http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic/

シビックフェリオ:http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic-ferio/

シビックハイブリッド:http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic-hybrid/

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る