【スペック】全長×全幅×全高=4995×1845×1490mm/ホイールベース=2870mm/車重=1770kg/駆動方式=FR/4.5リッターV8DOHC32バルブ(280ps/6000rpm、46.0kgm/3600rpm)/車両本体価格=615.0万円

日産シーマ450XV【試乗記】

シーマの印象 2002.10.17 試乗記 日産シーマ450XV

日本のモータージャーナリズムの草分け的存在、小林彰太郎。「ジャーナリストは生涯現役」の口ぐせ通り、今日も西へ東へと忙しい。そんな忙中の合間に、『webCG』のために書き下ろしたショートインプレッション。日産のブランニュー・フラッグシップ、シーマについて。
会員コンテンツ「Contributions」より再録。

お断り

ここでは話をハードウェアとしてのシーマに限る。シーマに乗った日は、あいにく早朝雪が降り、箱根のターンパイクをいつものようにガンガン飛ばすことができなかった。いっぽう最大のライバルと目されるセルシオには、八甲田山をめぐるすばらしいルートを存分に走り、ハンドリングも動力性能も限界近くまでテストする機会に恵まれた。だから現在の筆者には、両者を正確に比較評価する資格がないことを、まずお断りしておく。

ひとつだけ残念なこと

シーマはとにかく静かである。初めて乗り込んで、エンジンがかかっているにもかかわらず、もう少しでキーを回すところだった。アイドリングはそれほど静粛で無振動なのである。良質な革とウッドで囲まれた室内の雰囲気は、筆者が毎日乗っているジャガーSタイプによく似ている。大柄な4人が楽に乗れるが、それ以上でも以下でもない。ジャガーと大いに違うのは、細かいコントロール類の使い勝手で、これはシーマが問題なく上である。特にダッシュ中央の集中制御パネルは最小限度のスイッチしかなく、操作も簡単でよい(老人に親切?)。

セルシオに比べ、シーマは「driver's car」の性格がより明確である。サスペンションは全般的にセルシオより硬めで、腰が強く、ステアリング・レスポンスも若干クイックだ。ABSの効き方も的確である。TRC(トラクションコントロール)をテストすべく、雪が数センチ積もった緩い上りで試したら発進できなかった。やはりFRである。むろんTRCをオフにすれば問題ない。
取材したシーマの設計者はSタイプに乗ったことがないというので、2時間ほど貸してあげた。あとで、シーマを100点としたらジャガーは何点かと尋ねたら、85くらいでしょうと答えた。これはフェアな評価だと思う。シーマの、全体にコンサバなスタイリングは好感が持てるが、ひとつだけ残念なのは、その顔つきにどうしてもメルセデスの面 影がダブって見えることだ。もし僕がデザイナーだったら、意識的にM-Bに見えないようにするだろうと、そのデザイナーに話した。

(文=小林彰太郎/写真=河野敦樹/2001年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ370GT/370GT Type S プロトタイプ (FR/7AT)【試乗速報】 2009.10.23 試乗記 日産フーガ370GT/370GT Type S プロトタイプ (FR/7AT)

    まもなくデビューが予定される日産のフラッグシップセダン「フーガ」。発売を前にプロトタイプをクローズドコースで試乗した。
  • 日産フーガ 2009.11.24 画像・写真 2009年11月19日に2代目となった日産の高級車、「フーガ」の姿を写真で紹介する。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 【デトロイトショー2017】レクサス、最上級セダンの新型「LS」を世界初公開 2016.12.9 自動車ニュース レクサスがデトロイトショーで最上級セダンの新型「LS」を世界初公開すると発表した。5代目となる新型LSは、車体に「新GA-L」と呼ばれるプラットフォームを採用。ブランドの最上級車種にふさわしい先見的なテクノロジーを採用しているという。
ホームへ戻る