シトロエンの主役は「DS3カブリオ」【パリサロン2012】

2012.09.28 自動車ニュース
「DS3カブリオ」を披露するシトロエンのフレデリック・バンゼ ゼネラルディレクター。
シトロエンの主役は「DS3カブリオ」【パリサロン2012】

【パリサロン2012】シトロエンの主役は「DS3カブリオ」

シトロエンにとって、パリモーターショーは特別な場所。かつて「2CV」や「DS」など、自動車業界に激震を巻き起こすほどの話題作を世に問うた場である。それを思えば、今回は全般的に小粒という印象だったが、さんしょうは小粒でもピリリと辛いの例えどおり、随所にシトロエンらしいセンスを感じさせるクルマが多かった。

「DS3カブリオ」
「DS3カブリオ」
中国向けの「Cエリゼ」。
中国向けの「Cエリゼ」。
「C4」ハッチバックにトランクを設けた中型セダン「C4L」。
「C4」ハッチバックにトランクを設けた中型セダン「C4L」。

■シトロエンらしいスタイルを踏襲

プレスブリーフィングの進行役を務めたのは、シトロエンのゼネラルディレクターを務めるフレデリック・バンゼ氏。彼が最初に紹介したのは「DS3カブリオ」だった。

今回パリに来てあらためて感じたことの一つに、「DS3」人気がある。日本でプレミアムコンパクトというと圧倒的に「MINI」を多く見かけるが、パリでそのポジションにいるのがDS3なのである。

そのDS3をベースとしたカブリオレは、フルオープンではなく、ルーフ両端のアーチ部分は残し、ルーフ中央部とリアウィンドウを開閉可能としていた。最近の例では「フィアット500C」に近いと言えるけれど、旧型「C3」をベースとした「プルリエル」や、そのルーツでもある2CVをも思い出す。つまりシトロエンらしいオープンカーと言える。

■中国向けセダンを披露

続いて発表されたのは「Cエリゼ」と「C4L」。この2車種は中国向けの新型セダンだ。3ボックスを好む中国市場用にはこれまでも、旧型「C4」や、その2世代前の「ZX」をベースとしたセダンが存在していたので、それらの新型ということになるのだろう。

このうちC4Lは、日本でも販売されているハッチバックのC4にトランクを追加した成り立ちだが、Cエリゼに関してはややシンプルな独自のデザインが施されており、ロワーモデルとして位置づけられていることが想像できる。

シトロエンといえば、2011年の上海ショーで「DS5」を世界初公開したことが記憶に新しい。今回はそのときのお礼という感じなのだろうか。ブースには中国人ジャーナリストの姿が多数見られ、自国向けの新型車がブランドの故郷で発表される瞬間を見守っていた。

セバスチャン・ローブ選手(右から二人目)ほか、ラリードライバーたちが登場。
セバスチャン・ローブ選手(右から二人目)ほか、ラリードライバーたちが登場。
世界一周旅行「エレクトリック・オデッセイ」を達成した「C-ZERO」。「三菱i-MiEV」のOEM車。
世界一周旅行「エレクトリック・オデッセイ」を達成した「C-ZERO」。「三菱i-MiEV」のOEM車。
マイナーチェンジを受けた日本未導入の「C3ピカソ」。
マイナーチェンジを受けた日本未導入の「C3ピカソ」。

■ブースは見どころ満載

その後、DS3でWRC(世界ラリー選手権)を戦うセバスチャン・ローブをはじめとするラリードライバーたちが、マシンとともに集結。続いて2012年春の北京ショーで発表されたフラッグシップのコンセプトカー「Numero 9(ヌメロ・ヌフ)」が姿を見せた。

個人的に初めて目にするそのフォルムはDS5をスケールアップした感じで、そのボリュームに圧倒される。現行の大型シトロエンは「C6」「DS5」ともに、コンセプトカーの具現という形で量産化されているので、このクルマも市販が期待できるかもしれない。

会場にはこのほか、二人のエンジニアによって世界一周旅行「エレクトリック・オデッセイ」を達成した「C-ZERO」(三菱からOEM供給される電気自動車)や、マイナーチェンジを受けた「C3ピカソ」(日本未導入)、DS3ベースの電気自動車のプロトタイプ、 2011年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「TUBIK」なども置かれていた。

30分にわたったプレスブリーフィングの内容を、ここですべて紹介することは不可能。さすがは地元で行われるモーターショーだけあって、話題に事欠かないシトロエンブースだった。

(文と写真=森口将之)

「DS3」ベースのEVプロトタイプ。
シトロエンの主役は「DS3カブリオ」【パリサロン2012】
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る