【スペック】カローラランクスZ:全長×全幅×全高=4175×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1140kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOCH16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/車両本体価格=183.4万円

トヨタ・カローラランクスZ【試乗記】

つんくは買わない 2002.10.10 試乗記 トヨタ・カローラランクスZ2001年1月、カローラシリーズに追加された5ドアハッチバックの「カローラランクス」。つんくがTVコマーシャルに登場した三男カローラに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

つんくは買わない

2001年1月に国内投入されたカローラのハッチバック。相変わらず、妙にエラそうなノーズに、とってつけたような、一転、軽快感そこそこのテールエンド。新型カローラ三番手の5ドアボディは、うすらデカくてカッコわるい。こんどのカローラは、見ても乗っても“フィールダー”に尽きるでしょう。
でも、中味は新型カローラだから、悪くはないだろうと、スポーティな「1.8リッター+6段MT」に乗ったら、やっぱり悪くはなかった。街なかでは、なんでこんなクルマでいまどきマニュアルなんじゃい、というような上等ファミリーカーの風情だが、ハイウェイや山道で飛ばすと、カローラなのに胸がすき、溜飲が下がる。190psのVVTL-iエンジンは、カローラなのに8000rpmまで回り、2速でも104km/hまで伸びる。しかも、6000rpmからの2段ロケットのようなジャンプ感は、ホンダVTEC以上。フトコロの深いサスペンションも、そのパワーに負けていない。
がしかし、トータルな1台のクルマとしては、印象が希薄。広くて、快適で、飛ばせば、かなり速くて、けっこう楽しい。なのに、全体のイメージは、なぜかグレーの背広ふう。絶対、つんくは買わへんで。進学校の番長。

(下野康史/2001年3月)

2001年1月に登場したカローラの5ドアハッチ。カローラランクスは、トヨタカローラ店で売られ、ネッツトヨタ店で販売されるのが「カローラアレックス」。両者の違いは、ボンネット先端のマークが違うことと、ドアハンドルが、ランクスはボディ同色、アレックスはメッキ処理される程度だ。エンジンは、可変バルブタイミング機構「VVT-i」搭載の1.5リッターと、さらにバルブのリフト量も変化させる「VVTL-i」を採用した1.8リッターの2種類。前者には、FFのほか、4WDモデルも用意される。

2001年1月に登場したカローラの5ドアハッチ。カローラランクスは、トヨタカローラ店で売られ、ネッツトヨタ店で販売されるのが「カローラアレックス」。両者の違いは、ボンネット先端のマークが違うことと、ドアハンドルが、ランクスはボディ同色、アレックスはメッキ処理される程度だ。エンジンは、可変バルブタイミング機構「VVT-i」搭載の1.5リッターと、さらにバルブのリフト量も変化させる「VVTL-i」を採用した1.8リッターの2種類。前者には、FFのほか、4WDモデルも用意される。


トヨタ・カローラランクスZ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る