スズキ「ワゴンR」福祉車両を一部改良

2002.10.10 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」福祉車両を一部改良

スズキは、福祉車両「ウィズ」シリーズの、「ワゴンR 助手席リフトアップ車」と「ワゴンR 助手席回転シート車」に一部改良を施し、2002年10月8日に販売を開始した。眼目は、両車とも新たなオプションが設定されたことや、快適装備の追加など。

今回の一部改良のポイントは、折りたたんだ車椅子を荷室に収納する際に役立つ、「車椅子収納装置」(11.0万円)をオプション設定したこと。これにより、重い車椅子を収納する際の負担が軽減されるとしている。
加えて、2002年9月3日にベース車の「ワゴンR」に施された一部改良と同様、105mmの幅で調節できるリヤシートスライド機構の採用や、AM/FMラジオ付きCDプレーヤーを全車に標準装備するなど、快適装備を追加。ステアリングホイール、メーターパネル、インストルメントパネルのデザインも変更された。

価格は「助手席リフトアップ車」が2WDが134.0万円、4WDは145.2万円。「助手席回転シート車」は2WDが107.0万円、4WDが118.2万円となる。

(webCG 永瀧)

スズキ 福祉車両「ウイズシリーズ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/withseries/index.htm

 
スズキ「ワゴンR」福祉車両を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る