スズキ「ワゴンR」福祉車両を一部改良

2002.10.10 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」福祉車両を一部改良

スズキは、福祉車両「ウィズ」シリーズの、「ワゴンR 助手席リフトアップ車」と「ワゴンR 助手席回転シート車」に一部改良を施し、2002年10月8日に販売を開始した。眼目は、両車とも新たなオプションが設定されたことや、快適装備の追加など。

今回の一部改良のポイントは、折りたたんだ車椅子を荷室に収納する際に役立つ、「車椅子収納装置」(11.0万円)をオプション設定したこと。これにより、重い車椅子を収納する際の負担が軽減されるとしている。
加えて、2002年9月3日にベース車の「ワゴンR」に施された一部改良と同様、105mmの幅で調節できるリヤシートスライド機構の採用や、AM/FMラジオ付きCDプレーヤーを全車に標準装備するなど、快適装備を追加。ステアリングホイール、メーターパネル、インストルメントパネルのデザインも変更された。

価格は「助手席リフトアップ車」が2WDが134.0万円、4WDは145.2万円。「助手席回転シート車」は2WDが107.0万円、4WDが118.2万円となる。

(webCG 永瀧)

スズキ 福祉車両「ウイズシリーズ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/withseries/index.htm

 
スズキ「ワゴンR」福祉車両を一部改良の画像

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】 2017.2.24 試乗記
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース