【F1日本GP】佐藤琢磨、「鈴鹿では入賞を!」

2002.10.10 自動車ニュース

【F1日本GP】佐藤琢磨、「鈴鹿では入賞を!」

2002年のF1シーズンを締めくくる第17戦日本GPを直前に控えた10月9日、ジョーダン・ホンダのドライバー、佐藤琢磨が、日本GP参戦記者会見を開いた。

■デビューイヤーはハプニング続き

午前10時、東京・青山の本田技研工業本社1階「ウエルカムプラザ青山」に姿をあらわした“タクーマ・サトー”は、いつもの黄色いレーシングスーツではなく、黒いジャケットに身を包んでいた。
シーズン途中、あわただしいなかの帰国はあったものの、日本に長く滞在するのは「3月の開幕戦前後以来、久々です」。実家の近所のラーメン屋に出かけたりしながら、リラックスして過ごしてきたという。

まずF1ドライバーとして戦ってきた1年を振り返ると、と進行役に質問をふられると、「想像もしていなかったことが多く、ハプニング続きでした。あっという間でしたね」。
英国F3タイトルやマカオGP優勝など数々の栄冠を手にF1へと打って出た佐藤の2002年シーズンは、マシントラブルで予選通過タイムを出せなかった開幕戦オーストラリアGPや、大クラッシュに巻き込まれた第6戦オーストリアGPなど、波乱にとんだものとなった。

これまでの16戦の成績は、完走9回、予選最高位12位(第12戦ドイツGP)、決勝最高位8位(ドイツGP)。アベレージは、予選が15.875位、決勝(完走分)10.666位。入賞はまだなく、チームは、ジャンカルロ・フィジケラが稼いだ7点でコンストラクターズランキング7位についている。

追い抜きが困難とされる昨今のF1で、佐藤のジョーダン・ホンダが果敢にオーバーテイクするシーンを、我々は何度も目にしてきた。しかし、結果が得点というかたちであらわれていないのは事実だ。
「F3と較べてF1はチームの規模が大きくて、自分の力ではどうしようもないことがあるんです」と言う佐藤。「シーズン後半は、ジャンカルロともども、マシンのペースを上げることができなくなっています」。他人を責めることはしないが、うまく走らないマシンに手を焼いている状況を示唆する。
「でも、そこで悔しがっていてもしかたない。これを乗り切れば、という気持ちでいます」と、いつもの前向きな姿勢を崩さなかった。

■予選ではトップ10、レースでは入賞を!

佐藤にとって鈴鹿は特別な場所。1987年、当時10歳だった琢磨少年は、鈴鹿で最初のF1日本GPに来ていた。「言葉にできないほど感動しました」。
そして1997年、「ホンダレーシングドライバー育成プログラム」の一環「鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)」を首席で卒業。鈴鹿は、それまで自転車競技の選手だった佐藤の、レーシングドライバーとしてのキャリアがスタートした地でもある。

「高中低、すべてのコーナーをそろえた、テクニカルでチャレンジングなサーキット。特にストレートから1コーナー、S字へと向かうセクションは、ミスが許されません。楽しみですね」。
最後に、4年ぶりのホームコースでのレースを前に、「フリー走行、予選、決勝と、最後まで全力で戦う。目標は、予選でトップ10、レースでは自己ベスト8位を上まわり6位以上の入賞を狙います」と抱負を述べ、会見を締めくくった。

(webCG 有吉)

【F1日本GP】佐藤琢磨、「鈴鹿では入賞を!」の画像



【F1日本GP】佐藤琢磨、「鈴鹿では入賞を!」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。