ルノーブースは新型「クリオ」の海【パリサロン2012】

2012.09.28 自動車ニュース
フロアを埋め尽くす新型「クリオ(日本名:ルーテシア)」。
ルノーブースは新型「クリオ」の海【パリサロン2012】

【パリサロン2012】ルノーブースは新型「クリオ」の海

いよいよ開幕したパリモーターショー。各国のメーカーが話題の新車を持ち込む中、地元フランスのメーカーはどう応戦したのか。ルノーは何と、新型「クリオ」でフロアを埋め尽くした!

電気自動車の「ルノー・ゾエ」。
電気自動車の「ルノー・ゾエ」。
「ルノー・トゥイジー」はタンデム2座の小型電気自動車。
「ルノー・トゥイジー」はタンデム2座の小型電気自動車。
ゴーンCEOが新型「クリオ」の開発チームとともに登場。
ゴーンCEOが新型「クリオ」の開発チームとともに登場。

■「クリオ」「ゾエ」「トゥイジー」だけ?

今年のパリモーターショーのルノーブースは、新型「クリオ(日本名:ルーテシア)」の海だった。モンマルトルの丘を思わせる、ゆったりスロープしたフロアの左半分は、20台近くにもなる新型クリオで埋め尽くされていたのだ。

しかもよく見ればボディーカラーはイエロー、オレンジ、レッドの3色で会場にグラデーションを描き、エンジンは最も環境性能に優れる「TCe90」(0.9リッター3気筒ガソリンターボ)と「dCi90」(1.5リッター4気筒ディーゼルターボ)で統一されていた。

ちなみにブースの右半分には、ジュネーブショーで発表されたルノーにとって4番目の市販電気自動車となる「ゾエ(ZOE)」の市販型が、こちらも10台近く展示されていた。それ以外の車種は、2台の「トゥイジー」のみ。一般公開日には他の車種も加わるのだろうが、まさに直球勝負のプレスデイだった。

■新型「クリオ」の見どころはデザインと環境性能

その中をカルロス・ゴーンCEOが、新型クリオの開発チームのメンバーとともに登場。ルノーの新しいスローガン「ドライブ・ザ・チェンジ」に基づき、デザイン、革新、環境、品質の四つのテーマを重視して開発が進められたことを明かした。

デザインは、3年前にチーフデザイナーの座に就いたローレンス・ヴァン・デン・アッカーの指揮のもと、前回のパリショーに展示されたコンセプトカー「デジール」で提示した新しいアイデンティティーを採り入れた。

そのスタイリングは、フランスのベストセラーを争うBセグメントの量販車種としては、かなりエモーショナルだ。高価なスポーツカーではなく、多くの人に手が届くクリオのようなクルマに革新的な造形を導入したことは、高く評価されるべきだろう。

ゴーンCEOが新型「クリオ」の環境性能をアピール。
ゴーンCEOが新型「クリオ」の環境性能をアピール。
新型「クリオ エステート」は違和感のないプロポーションを手に入れた。
新型「クリオ エステート」は違和感のないプロポーションを手に入れた。
5ドアで登場した「クリオR.S.」。200psの1.6リッターターボエンジンを搭載。
5ドアで登場した「クリオR.S.」。200psの1.6リッターターボエンジンを搭載。

もうひとつ、ゴーンCEOが新型クリオで強調したのは、環境性能に長(た)けたエンジンだ。アイドリングストップを装備したdCi90は、欧州の環境指標としておなじみの1km走行あたりのCO2排出量で83gと、ハイブリッドカーに迫る数字を出している。100km走行あたりの燃料消費率はわずか3.2リッターにすぎない。

ガソリンエンジンのTCeも、ルノーとしてはおそらく初の3気筒、久々のアンダー1リッターという思い切った設計を取ることで、CO2排出量で100g/kmに迫るエコレベルを達成している。

ゴーンCEOによれば、ルノーは全社平均のCO2排出量を、2013年に120g以下、2016年に100g以下に抑える目標を立てているそうだが、この調子で行けば目標は達成できるのではないかという感じがした。

■「エステート」と「R.S.」も

新型クリオに関するニュースはこれだけではなかった。ブリーフィングがひととおり終わると、再び中央の幕が開き、「エステート」と「ルノースポール(R.S.)」が登場したのだ。

クリオ エステートは、日本には輸入されなかったものの、欧州では旧型にも存在していた。ただしそれは、スタイリングのまとまりがいまひとつだったことも事実。その点、新型エステートは違和感のないプロポーションを手に入れていた。

日本でもファンの多いR.S.は、新型クリオが5ドアしかないことから、初めて5ドアボディーでの登場となった。2リッター自然吸気だったエンジンは時流に合わせて1.6リッターターボになり、200psと24.5kgmを発生。ルノースポールが開発した6段デュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わせられる。ノーマル、スポーツ、レースの3モードから走行特性を選択できる「R.S.ドライブ」が装備されることも特徴だ。

(文と写真=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る