トヨタ「クラウンセダン」にハイブリッド車

2002.10.08 自動車ニュース
 

トヨタ「クラウンセダン」にハイブリッド車

トヨタ自動車は、法人向け4ドアセダン「クラウンセダン」にハイブリッドシステム搭載の「スーパーデラックス・マイルドハイブリッド」を新設定した。同時に、クラウンセダンの一部グレード、「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」に一部改良を施し、2002年10月4日に販売を開始した。

 

クラウンセダンに新採用された「トヨタ・マイルドハイブリッドシステム」(THS-M)は、よりシンプルな機構にすることで汎用性を向上させ、様々なタイプの車種、エンジンと組み合わせられるようにした、いわば簡易型ハイブリッドシステム。「クラウンロイヤルシリーズ」(3リッター直噴エンジンとの組み合わせ)に次ぐ2車種目の採用となる。これにより、トヨタは「プリウス」「エスティマハイブリッド」を含む、4車種のハイブリッドモデルをラインナップするに至った。

今回は、2リッター直6「1G-FE」エンジンと交流同期電動モーターとの組み合わせ。車両が停止すると、エンジンが自動的にアイドルストップ。エンジン効率が悪い発進時には、まずモーターから動力を得て、次にエンジンを始動させる。減速、制動時には、回生ブレーキによりモーターが発電を行い、運動エネルギーを電気エネルギーに替えバッテリーに蓄電する、といった仕組みだ。
最高出力は、ノーマルの2リッター直6比で17psダウンの143ps/5500rpm、最大トルクは同0.4kgm細くなり20.0kgm/4400rpm。ジマンの燃費は、リッターあたり1.6km向上し、13.0km(10・15モード)となった。これにより、「平成12年基準排出ガス75%低減レベル」と、平成22年燃費基準をクリアし、グリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。

価格は293.5万円。ベースたる「スーパーデラックス」の49.5万円高。

その他の改良点は、2リッターLPGエンジン「3Y-PE」搭載車に、大型フロント&リアバンパー、大型サイドプロテクションモールを採用、アルミホイールを標準装備した。また、「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」では、同様の変更に加え、安全性能を強化。ABS、運転席SRSエアバッグ、助手席SRSエアバッグ(コンフォート教習車のみ)が標準装備となった。なお、クラウンコンフォート、コンフォートの福祉車両「ウェルキャブ」にも、ベース車と同様の変更が施された。

クラウンセダンが224.0万円から293.5万円まで、クラウンコンフォートは162.0万円から184.0万円、コンフォートは146.0万円から186.0万円、コンフォート教習車は152.3万円と158.3万円。

(webCG 永瀧)

 

トヨタ自動車「クラウンセダン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CrownSedan/index.html

関連キーワード:
クラウン セダントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る