日産 「セレナ」国内販売50万台記念車を発売

2002.10.07 自動車ニュース

日産 「セレナ」国内販売50万台記念車を発売

日産自動車は、ミニバン「セレナ」に、同車の国内累計販売台数50万台(間近)を記念した特別仕様車「デュアルディスクV-G」「デュアルディスクV-Gナビパッケージ」を設定、2002年10月3日に販売を開始した。

1991年6月、ワンボックスワゴン「バネット・コーチ」の後継モデルとして、ショートノーズを持つ「バネット・セレナ」(現セレナ)がデビューした。今回、2003年3月末までに累計販売台数50万台を達成する見込みとなり、それを記念した「デュアルディスクV-G」と「デュアルディスクV-Gナビパッケージ」をリリースした。

助手席側リモコンオートスライドドア標準設定の「V-G」「V-G ナビパッケージ」をベースに、MD/CD一体型AM/FM電子チューナーラジオ(1DINサイズ、MDLP対応)を特別装備。さらに、サードシートマルチアップタイプ(横跳ね上げ式)、運転席側スライドドアオートクロージャー、木目調フィニッシャーなどを追加した。

価格は、デュアルディスク V-Gが213.0万円(CVT)と239.5万円(4段AT)、ナビパッケージは233.0万円(CVT)と259.5万円(4段AT)。いずれも、ベースモデルの

同時に、福祉車両「ライフケアビークル」の「アンシャンテ(助手席タイプ、セカンドシートタイプ、セカンドシートタイプ脱着シート、ステップタイプ)」にも、同仕様車が設定された。関連会社のオーテックジャパンからの販売となる。

(webCG 永瀧)

日産自動車 「セレナ」:
http://www.nissan.co.jp/SERENA/C24/0112/index.html

 
日産 「セレナ」国内販売50万台記念車を発売の画像

関連キーワード:
セレナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
ホームへ戻る