日産 「セレナ」国内販売50万台記念車を発売

2002.10.07 自動車ニュース

日産 「セレナ」国内販売50万台記念車を発売

日産自動車は、ミニバン「セレナ」に、同車の国内累計販売台数50万台(間近)を記念した特別仕様車「デュアルディスクV-G」「デュアルディスクV-Gナビパッケージ」を設定、2002年10月3日に販売を開始した。

1991年6月、ワンボックスワゴン「バネット・コーチ」の後継モデルとして、ショートノーズを持つ「バネット・セレナ」(現セレナ)がデビューした。今回、2003年3月末までに累計販売台数50万台を達成する見込みとなり、それを記念した「デュアルディスクV-G」と「デュアルディスクV-Gナビパッケージ」をリリースした。

助手席側リモコンオートスライドドア標準設定の「V-G」「V-G ナビパッケージ」をベースに、MD/CD一体型AM/FM電子チューナーラジオ(1DINサイズ、MDLP対応)を特別装備。さらに、サードシートマルチアップタイプ(横跳ね上げ式)、運転席側スライドドアオートクロージャー、木目調フィニッシャーなどを追加した。

価格は、デュアルディスク V-Gが213.0万円(CVT)と239.5万円(4段AT)、ナビパッケージは233.0万円(CVT)と259.5万円(4段AT)。いずれも、ベースモデルの

同時に、福祉車両「ライフケアビークル」の「アンシャンテ(助手席タイプ、セカンドシートタイプ、セカンドシートタイプ脱着シート、ステップタイプ)」にも、同仕様車が設定された。関連会社のオーテックジャパンからの販売となる。

(webCG 永瀧)

日産自動車 「セレナ」:
http://www.nissan.co.jp/SERENA/C24/0112/index.html

 
日産 「セレナ」国内販売50万台記念車を発売の画像

関連キーワード:
セレナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る