三菱 「ディアマンテ」、グレード集約

2002.10.07 自動車ニュース

三菱 「ディアマンテ」、グレード集約

三菱自動車は、上級セダン「ディアマンテ」のエンジン変更やグレード集約などを行い、2002年10月1日に販売を開始した。

3リッターV6 GDIエンジンがカタログから落とされ、残る2.5リッターは、三菱ジマンの筒内噴射エンジンGDI(Gasoline Direct Injection)から、コンベンショナルなV6「ECI-MULTI」ユニットへ変更された。
5段ATを持つ3リッターモデルがなくなったことで、トランスミッションは4段AT「INVECS-IIスポーツモード」のみに、また4WDもなくなり2WDのみになった。
グレードは、「エスパーダ」(234.8万円)と「25V-SE」(294.8万円)の2車種に絞り、より高級車としての性格を与えるべく、装備を変更した。
国土交通省の平成12年排ガス規制値50%低減レベル「優-低排出者ガス」を取得したのは(明るい)ニュース。月の販売目標台数は100台。

詳しい変更点は以下の通り。

・内装に本革を採用
・助手席を「デュアルハイトアジャスター機能付き4WAYパワーシート」に変更(25V-SE)
・NARDI製ウッドステアリングホイール及びシフトノブの採用
・クルーズコントロールの採用
・乗降時にステアリングを自動的に跳ね上げる「イージーアクセス機能付き電動チルド&テレスコピックステアリング」の採用(25V-SE)
・ブレーキアシスト機構の採用
・アルミホイールを光輝タイプに変更(エスパーダ)
・UVカットガラスの採用

(webCG 永瀧)

三菱 「ディアマンテ」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/DIAMANTE/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。