【スペック】全長×全幅×全高=3830×1675×1525mm/ホイールベース=2450mm/車両重量=1010kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(110ps/5800rpm、14.6kgm/4800rpm)/車両本体価格=135.0万円(テスト車=180.5万円)

ホンダフィット1.5T 2WD(CVT)【ブリーフテスト】

ホンダフィット1.5T 2WD(CVT) 2002.10.05 試乗記 ……180.5万円総合評価……★★★★

男が乗っても恥ずかしくない

フィットに乗るたびに感心させられてしまうのは、ミニバン嫌いも気を許してしまいそうな“アンチ腰高&アンチ水平垂直スタイリング”ながら、一歩車内に足を踏み入れると、ミニバンと同等の広大な空間が待っていることだ。シートアレンジもよく考えられており、使いやすい。欧州名「ジャズ」として販売が開始された、ヨーロッパでの評判が高いのも頷ける。
しかし走り始めると、ミニバン独特の腰高な運転姿勢などが気になってしまう。気にならない人は気にならないだろうが、重心の高いボディを右に左に振り回す感覚は、重心の低いセダンやクーペなどとは絶対的には同じにならない。だから、安定した姿勢を好む者には馴染まない。とはいっても、フィットは同類(?)の、いわゆる“ハイトワゴン”よりは運転感覚がはるかに自然で好ましいのだが。
それを差し引いても、特に追加された1.5リッターモデル「1.5T」は、数少ない“大人の男が乗っても恥ずかしくないマイクロミニバン”に仕上がっている。各部の造形センスに、ファミリー指向やファンシーなところが皆無だからだ。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年6月21日に登場した、ロゴの後継モデルにあたる、ホンダのまったく新しい小型車。燃料タンクを前席下に置き、荷室の低床化と、後席アレンジの多彩化を実現したのがジマンである。5ドアボディに1.3リッター+CVTのみというシンプルな構成だったが、2002年9月13日、1.5リッター直4VTECに、7段に刻んだCVTを組み合わせた「1.5T」が追加された。
(グレード概要)
「1.5T」は、1.3リッターモデルの上位に追加されたトップグレード。1.5リッター直4SOHCに、ホンダのお家芸「VTEC」を備えるエンジンを搭載。トランスミッションは1.3リッターモデルと同じCVT(無断変速機)だが、7段階に固定ギアを刻み、ステアリングホイールのスイッチでギアチェンジできる。もちろん、完全な無段変速オートマチックモードと、7段オートマチックモードも備える。
外観は、スモークドメッキのヘッドランプガーニッシュや、14インチアルミホイールなどで精悍さを演出。内装には、黒基調の専用シート地や、サテン調メッキを施したスイッチなどが配された。

ステアリングホイールのスポーク上に、CVTのモードを切り替えるスイッチと、シフトアップ&ダウンスイッチが備わる。





【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
白文字盤のポルシェ風3眼メーターがクールな印象で、総じてインパネの質感は高い。空調やオーディオの操作もしやすい。しかし、ダッシュボードが強くスラントしているため、シートを後ろ気味にするドライビングポジションを好むヒトには、オーディオや空気吹き出し口など、ウインドスクリーン寄りのものに、手が届きにくくなる。“強いていうと”のレベルで、大きな不満点はないのだが、デキがいいだけに残念だ。
プレーンで、インテリアデザインとコーディネートされた標準装備のオーディオが使いやすく、センスがいい。珍しい例だ。
(前席)……★★★
高い着座姿勢と、ステアリングホイールを上から抱え込むような運転に、違和感を抱くかどうかで評価が分かれる。筆者は、ノーズ先端からステアリングホイールまでの距離が乗用車的に長く、高い着座姿勢との組み合わせにアンバランスさを感じた。ここまで上方に構えるのならば、自分からクルマの先端部分までが短くないと。2時間の試乗の最後まで違和感は消えなかった。
(後席)……★★
後席シートの前後長が短く、落ち着けない。その分、前席シート背面から膝までの距離が十分に感じられる。実際の空間も確保されているのだが。たたんでフルフラットになるシートアレンジメントはありがたいが、“フラット”にするためかシートの肉厚が薄く削られ、クッションがないに等しい。シートバックも極薄で、路面からの細かな振動を増幅して伝える。背中のマッサージにはいいんだけれど。
シートアレンジメントがよく考えられている。特に、リアシートの座面を背面側に跳ね上げて生まれる後席の空間は、上下寸法が豊かだ。燃料タンクを前席の下に配置する、ホンダご自慢の「センタータンクレイアウト」により、2列目シートの床を下げることができ、上下に最も寸法が採れる部分を徹底的に活用した成果といえる。遊びにも、買い物などにも活用の幅は広く、ユーザーは「このクルマを買ってよかった」と思うだろう。
(荷室)……★★★★
このクルマは、荷室だけを単独で評価しても意味がないだろう。なぜなら、様々に変化させられるシートアレンジメントによって、いろいろな荷物を多く積むことができるからだ。シートアレンジが、ただのギミックに終わっていないトコロが良い。筆者の唯一の不満点は、荷室の後端に高い“敷居”が残っていることだ。構造の強度確保なども関係していると思われるが、荷室とフラットになる敷居だったら大きく重い荷物がスムーズに出し入れできるはずである。主任研究員の川勝幹人氏に訊ねると、“敷居”があることによって「ハッチゲートを開けたとき、荷室の荷物が落ちてこなくていいという意見もあったので残した」そうだが……。



【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
ホンダのクルマらしく、エンジンはよくまわる。VTEC搭載だが、「インテグラ タイプR」や「シビック タイプR」、「NSX」などスポーツカーのそれとは違って、過激に超高回転まではまわらない。バルブの切り替わり方も、ドラマチックではなくマイルド。低回転域からトルクは太く、使いやすい。
売り物の7段CVTだが、ステアリングホイール上のスイッチによって、無段変速のフルオート、7段オートマチック、7段マニュアルモードの3種類を、いちいち切り替えなければならず、面倒臭い。フルオートモードがスムーズに作動するので、一番いい。スポーティを訴求し、商品性を向上させるのだったら、ヨーロッパで売っている純粋の5段マニュアルを入れるべきだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
乗り心地は、ヒョコヒョコする。段差や舗装のつなぎ目を乗り越えての上下動があるし、加減速やコーナリングによる、ロールやピッチングもせわしない。落ち着きのない乗り心地だ。
また、路面やクルマの様子をあまり伝えず、軽々クルクルまわる電動パワーステアリングも、“スポーティ派”に訴求するには頼りない。

(写真=郡大二郎)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2002年9月24日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)185/55R15 81V(後)同じ
オプション装備:ホンダDVDナビゲーションシステム(18.0万円)/ディスチャージヘッドライト(5.0万円)/Lパッケージ(4.5万円)/Sパッケージ(12.0万円)/ハイマウントストップランプ(0.5万円)/大型テールゲートスポイラー(3.5万円)/15インチアルミホイール(2.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(7):山岳路(3)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る