ヒュンダイの新型コンパクトカー「TB」デビュー

2002.10.03 自動車ニュース

ヒュンダイの新型コンパクトカー「TB」デビュー

ヒュンダイモータージャパンは、2002年10月2日、新型コンパクトカー「TB」を発売した。


【写真最上】ニューモデル「TB」と、ヒュンダイモータージャパンのシン・ミョンシク社長

■ヒュンダイ初の世界戦略車

韓国最大の自動車メーカー、ヒュンダイ。日本市場へは2001年に参入し、高級セダン「XG」を頂点に、コンパクトセダン「エラントラ」、SUV「サンタフェ」、ミニバン「トラジェ」、スポーティーカー「クーペ」を販売してきた。

今回発表されたニューモデル「TB」は、フォルクスワーゲン「ポロ」やプジョー「206」、国産ではホンダ「フィット」や日産「マーチ」、トヨタ「ヴィッツ」など、強豪ひしめくBセグメントに攻め入る、「ヒュンダイ初の世界戦略車」(ヒュンダイモータージャパンのシン・ミョンク社長)。22ヶ月の期間と250億円の開発費をかけ、「世界で年間30万台を売り上げることを目指して造られた」(ミョンク社長)。
韓国では2002年5月から「クリック」の名で、欧州では同年7月から「ゲッツ」の名で販売されており、どちらもバックオーダーを抱えるほど人気があるという。ポップな名前がついたのは、「やや地味なクルマだから」(説明員氏)だそうである。




「TB」の名前の由来は、“Think Basic”の頭文字から。クルマに最も必要な基本性能である、実用性、快適性、安全性に的を絞って開発されたという。

エンジンは、1.3リッター直4 SOHC12バルブの1種類で、トリムレベルによって3グレードをラインナップする。価格は、89.8万円から109.8万円まで。
「デザインより機能を優先し、流行よりも自分の考えでクルマを選ぶ」(マーケティング部の石井則雄氏)、20代から40代をメインターゲットに、2002年の残り3ヶ月で、合計1000台の販売したいと意気込む。




■機能追求、「システムデザイン」

開発テーマにのっとって、内外デザインは機能追求のシンプルなものとされた。ヒュンダイはこれを「システムデザイン」と呼ぶ。飾り気のないエクステリアは、太目のCピラーが特徴的。ボディ色は、グリーンやレッドを含む全7色が用意される。
車内に入ると、目の前にはミニバンのように奥行きのあるダッシュボード。大きなひさしのついたメーターナセル内には、大型のタコメーターと速度計が配される。またトップグレード「1.3GLS」には、ドアポケットやラゲッジルームのサイドポケットなど、全部で16カ所の収納スペースが備わる。

後席は3段階にリクライニング可能。ヘッドレストを外さずに、6:4分割でシートバックを前に倒して座面ごと前へ折り畳むことができる。荷室の最大容量は987リッター(VDA方式)。


写真だと分かりづらいが、荷室は深さがある。「GLS」に装備される「ラゲッジボード」で、荷室を上下に区切ることができる

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3810×1665×1495mm、ホイールベースは2445mm。ちなみにわが国のコンパクトカー代表選手「ヴィッツ」は、3640×1660×1500mm、ホイールベース2370mm。

1.3リッターSOHC12バルブ「アルファ」エンジンは、82ps/5500rpmの最高出力と、11.9kgm/3000rpmの最大トルクを発生。中低速のトルクを重視した、実用的なエンジンと、資料では説明される。組み合わされるトランスミッションは、コンベンショナルな4段ATのみ。


1.3リッター直4エンジンは、可変バルブタイミングなどの機構をもたない、シンプルなもの。1000rpmから4000rpmのトルクの太さがジマン。実用性能重視型、と謳われる。
燃費は、10・15モードでリッター14.0km。カタログ値とはいえ、国産モデルに較べると、ちょっと見劣りするのは否めない。輸入車ではめずらしく、平成12年度基準排出ガス50%低減レベルの、「優ー低排出ガス車」に認定された。」

■オーディオなしで、89.8万円

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビームで、コンパクトカーとして標準的な形式を採用した。TBの開発責任者、ジョン・サンキ氏によると、リアサスペンションをネガティブキャンバー&トーインに設定し、直進安定性を高めたという。

安全装備は、アクティブセーフティとしてEBD付き4輪ABSを、パッシブは、前席SRSエアバッグやプリテンショナー付きシートベルト(前後席)が、全車標準装備される。後席中央にも、3点式シートベルトとヘッドレストが備わるのが、世界戦略車らしいところか。

価格は、電動リモコンドアミラーやオーディオ装備が省かれた廉価グレード「1.3GL」が89.8万円、メイングレードの「1.3GL コンフォート」が99.8万円。運転席のハイトアジャスターやランバーサポート、フォグランプなどを装着するトップグレード「1.3GLS」は、109.8万円となる。

(webCGオオサワ)


やや朱色がかった鮮やかな赤、「ヒップホップレッド」に塗られた「1.3GLS」

「ヒュンダイモータージャパン」:
http://www.hyundai-motor.co.jp/

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!